SFアニメの金字塔『カウボーイビバップ』がアメリカで実写テレビシリーズに

  • 0
SFアニメの金字塔『カウボーイビバップ』がアメリカで実写テレビシリーズに
SFアニメの金字塔『カウボーイビバップ』がアメリカで実写テレビシリーズに
長く愛されているSFハードボイルドアニメ『カウボーイビバップ』(Cowboy Bebop)の実写テレビシリーズ化の企画開発が開始されたことが明らかになった。

元々のアニメを制作したアニメスタジオ・株式会社サンライズが、米国のTV製作会社・Tomorrow Studiosと、米国クリエイターチーム・Midnight Radioと共同開発する。

『カウボーイビバップ』待望の実写化

1998年から1999年にかけて、全26話で放送された作品。太陽系を股にかけて活躍する賞金稼ぎを描くハードボイルドSFアニメとして人気を博した。

2001年に劇場版アニメ『カウボーイビバップ 天国の扉』が制作されたほか、様々なメディア展開がなされているが、実現すれば実写化は史上初となる。

2009年に一度、俳優のキアヌ・リーブスさん主演での実写映画化のプロジェクトが進行中であることが明かされたものの、その後資金難から製作中止の危機にひんしているとされていた。

しかし、2013年には、原作を手がけた渡辺信一郎監督の口から、同作の実写化プロジェクト自体は進行中であることが語られ(外部リンク)、ファンの間では続報が待望されていた中でのTVドラマ化という形での発表となった。

見逃せないアニメ・漫画の話題

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。