156

カオス*ラウンジが瀬戸内国際芸術祭出展 「鬼の家」のRPG風Webサイト

カオス*ラウンジが瀬戸内国際芸術祭出展  「鬼の家」のRPG風Webサイト

瀬戸内国際芸術祭2016参加作品 カオス*ラウンジ「鬼の家」特設サイト

3月20日(日)から開催される瀬戸内海の島々を舞台にした「瀬戸内国際芸術祭 2016」において、アート集団のカオス*ラウンジが香川県・女木島で行う展示「鬼の家」の特設サイトが公開された。

ビジュアルクリエイターのたかくらかずきさんが制作したRPG風のWebサイトになっており、訪問者はロボット型の鬼を操作してWebサイト内のマップを巡ることができ、点在する鬼(出展作家)たちから、さまざまな情報を得ることができる。

プログラミングサポートをあたまがぐあんぐあんさん、音楽を小林うてなさんが担当。ブラウザはSafariが推奨されている。

なお、同展示の会期は、春期が3月20日(日・春分の日)から4月17日(日)、夏期が、7月18日(月・海の日)から9月4日(日)、秋期が10月8日(土)から11月6日(日)となっている。

鬼ヶ島で各作家が展示する「鬼の家」

カオス*ラウンジは、2013年の「LITTLE AKIHABARA MONUMENT」、古民家一軒をまるごと作品化した2014年の「キャラクラッシュ!」、そして2015年には、福島県・いわき市にてツアー形式の展示「新芸術祭2015 市街劇『怒りの日』」など、美術家/美術評論家の黒瀬陽平さんによるキュレーションを中心に、時事的なテーマ性を持った企画展を開催してきた。

3年に1度のスパンで開催されている現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」に参加する今回の「鬼の家」では、桃太郎伝説にちなんで「鬼ヶ島」の異名を持つ女木島で各作家が作品を展示する。

先述のたかくらかずきさんに加えて、荒木佑介さん、井戸博章さん、今井新さん、梅沢和木さん、梅田裕さん、梅津庸一さん、冨樫達彦さん、藤城嘘さん、村井祐希さん、柳本悠花さん、山内祥太さん、山本卓卓さん、kwgtさんら気鋭作家が参加する。 特設サイトでは、鬼型のロボットを操って架空の女木島内を探索できる。 看板をクリックすると「展示場所:女木島 香川県高松港からフェリー『めおん号』で20分」などの情報が得られる。 マップ内の出展作家に話しかけると、さまざまな言葉を返してくれる。 このゲームの作者であるたかくらさんも登場! 話しかけると暴れ出してしまう鬼も登場。

他にもクリックするとさまざまな反応が見られるので、いろいろ試してみてほしい。

なお、このWebサイトは会期ごとにバージョンアップするとのこと。

こんな記事も読まれています

イベント情報

カオス*ラウンジ「鬼の家」

展示期間 春:2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
夏:2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
秋:2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間
会期総計 108日間
展示会場 女木島
アクセス 香川県 高松港
フェリー「めおん号」で20分

主催:カオス*ラウンジ
キュレーション/会場構成/演出:黒瀬陽平

【展示作家】
荒木佑介
井戸博章
今井新
梅沢和木
梅田裕
梅津庸一
たかくらかずき
冨樫達彦
藤城嘘
村井祐希
柳本悠花
山内祥太
山本卓卓
kwgt

スペシャルサンクス
あたまがぐあんぐあん 小林うてな 海野林太郎 弓場勇作 弓指寛治

※山本卓卓の作品は夏期からの展示になります。
※本WEBサイトは会期ごとにバージョンアップします。
※冨樫達彦、山内祥太、たかくらかずきの作品は夏期にアップデートがあります。
お問い合わせ:info@chaosxlounge.com

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

67
Share
4
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ