93

リアル脱出ゲーム×大逆転裁判がおもしろい! 大人も熱中する現実とゲームの世界

リアル脱出ゲーム×大逆転裁判がおもしろい! 大人も熱中する現実とゲームの世界

リアル脱出ゲーム×大逆転裁判『倫敦大法廷殺人事件』オープニングムービー

参加型ゲームイベント「リアル脱出ゲーム×大逆転裁判『倫敦大法廷殺人事件』」が、6月26日より全国32都市で順次開催されている。

本イベントは、7月9日(木)にカプコンより発売されるニンテンドー3DSソフト『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』と、SCRAPがプロデュースしている人気体験型エンターテイメント「リアル脱出ゲーム」のコラボレーションイベント。

「リアル脱出ゲーム」は、実際の会場内に用意された謎や暗号を解き明かしながら、制限時間内に脱出を目指すというもので、現実と物語が巧みに混ざり合ったゲーム性が高い人気を得ている。

一方『大逆転裁判』をはじめとする「逆転裁判」シリーズは、謎を解き明かしながら裁判での勝利を目指すという、カプコンが誇る人気のゲームタイトルだ。

今回は、そんな両者がコラボした、まさにリアル逆転裁判とも呼べる濃厚なリアル脱出ゲームを体験! ゲームに参加して感じたことや、特別に用意されたおためし用のクイズ、両者のディレクターである巧舟さんと西澤匠さんによるトークショーの模様をご紹介していく。

6人1チームで矛盾を指摘せよ!

今回の脱出ゲーム「倫敦大法廷殺人事件」の舞台となるのは、19世紀末のロンドンの法廷で起きた殺人事件。会場は、胸が高鳴るような本作のBGMが流れる中、どことなくロンドンらしい洋風な雰囲気で包まれていた。

ゲームには1チーム6人で参加。ゲームのプレイヤーたちは、殺人犯の容疑をかけられた龍之介の弁護士となり、陪審員の評決が下される制限時間内に逆転無罪を勝ち取らなければならない。 会場に用意された、事件現場やさまざまな証拠品、証言などを調べたり、事件の矛盾を指摘することで謎を解き明かしながら事件の真相へと近づいていく。ちなみに筆者がいたチームは時間内に謎を解き明かすことができず、ただただ頭を抱えながら時が過ぎていった……。 証拠品1つ1つを入念に、そして丁寧に、あらゆる視点から調べる。6人それぞれで役割や調べる証拠品を分担させる。参加してみて、この2点が脱出する上で非常に重要であることを感じた。クリアするためには、チームの仲間との協力が必要不可欠となってくる。

1
2
3
4

こんな記事も読まれています

34
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ