13

animeanime

最新ニュースを受け取る

au 未来研究所が活動開始 プロダクション I.G とスティーブンスティーブンが研究協力

「au 未来研究所」オリジナルナビゲータープログラムの「フュート」

「アニメの創造力が、未来の技術につながるかもしれない」。そんな期待を抱かせるプロジェクトが、スタートすることになった。
KDDIは11月6日付で、KDDI研究所の併設組織として「au 未来研究所」を開設、活動を開始したことを明らかにした。au 未来研究所はウェブ上に開設された組織で、想像力を活用した未来のコミュニケーションのあり方を、生活者や外部パートナーと共に創造する。

そして、この第一弾として、国内有数のアニメスタジオであるプロダクション I.G と映像マーケティング会社のスティーブンスティーブンが協力する。両社は空想技術を用いた研究開発をサポートするという。
また、活動の中でアニメーションコンテンツなどを制作するとしている。ウェブ空間に漂う研究所から一体、何が生まれるのか気になるところだ。

とりわけ今回注目されるのは、スティーブンスティーブンの参加だろう。スティーブンスティーブンは2011年に博報堂のクリエイティブコンサルタント・古田彰一氏とアニメーション監督の神山健治氏を 共同CEOとして設立された。企業ブランディングとエンターテインメントの融合を実現する映像マーケティング会社である。
スティーブンスティーブンはこれまで、神山健治監督の『009 RE:CYBORG』など、既存の作品から広がるマーケティングで活動してきた。しかし、研究所への協力となれば、今回はコンテンツづくりから始まる。

スティーブンスティーブンによれば、これまでアニメや広告制作を通じて培ってきた「空想技術」のノウ
ハウやリソースをau 未来研究所に提供するという。未来の携帯電話やウェアラブルデバイス等のイメージングに協力するという。
au 未来研究所が制作するアニメーションは、未来のデバイスやコミュニケーションのあり方について、わかりやすく伝えるとしている。制作には神山健治氏やプロダクション I.G のスタッフが参加する。
アニメコンテンツの公開時期などは、今後告知する。アニメと技術開発の新しい展開に期待したい。

au未来研究所 http://aufl.kddi.com

プロダクション I.G http://www.production-ig.co.jp/
スティーブンスティーブン http://www.stst.co.jp/

関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「神山健治」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ