29

最新ニュースを受け取る

原画100点を日本初公開!「スヌーピー展」六本木で開催

画像は「ローソンチケット」のスクリーンショット

「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること。」が2013年10月12日(土)から2014年1月5日まで六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催される。

スヌーピーの原画100点、日本で待望の初公開

今回開催されるスヌーピー展では、50年間に渡る新聞連載漫画「ピーナッツ」の中から厳選された約100点の原画が日本初公開される。「ピーナッツ」とは、チャールズ・M・シュルツさんが1950年から2000年までに描いた新聞連載漫画で、20世紀のアメリカ文化を代表する作品として、今もなお世界中で人気を博している。日本では詩人の谷川俊太郎さんが翻訳を手がけたことでも有名だ。谷川さんは、展覧会の記者会見に、本展のアートディレクターを務める祖父江慎さんと共に登壇した。

スヌーピー展の見所!

そして、この作品の大きな魅力となっているのが大人気キャラクター、スヌーピーをはじめとする個性的なキャラクターが織りなす、くすりと笑え、ときに切ない日常ストーリーと、シンプルなイラストとリズミカルなレタリングとの組み合わせである。今回はそのスヌーピーの魅力を伝えるべく、作者の原画を所蔵するアメリカのチャールズ・M・シュルツ美術館の1万7千以上に及ぶエピソードの中から約100点が展示される。

またシュルツさんの幼少期からピーナッツ誕生前夜に至るまでの写真やスケッチなどの貴重な資料も揃い、シュルツさんの仕事場を再現されたスペースもある。さらには、アニメーションやビンテージグッズなども披露されるとのこと。今回のスヌーピー展に行けば、「ピーナッツ」の住人と同じくらいその世界を知り尽くせそうだ。


みんなに愛され続けるスヌーピー。「スヌーピー、かわいい! 大好き」という人から、スヌーピーbotの名言を教訓としている人まで、ぜひピーナッツの世界に浸りに六本木まで足を運んでみてほしい。

現在、通常の前売り券に加え、数量限定のプレミアムパスポートやフィギュア付きチケットなどが、公式オンラインチケットはじめ、各種プレイガイドにて発売中。

なおスヌーピー展に先駆けて、10月2日(水)から図録の予約販売も開始されているので、同時にチェックしてほしい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「スヌーピー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 12

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ