平尾アウリ

ひらおあうり

平尾アウリは、日本の漫画家。女性。
代表作は『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』『まんがの作り方』など

平尾アウリとは

平尾アウリとは、岡山出身の漫画家。8月30日生まれ。倉敷市出身。女性。

アイドル好きである。好きなものを描くことに抵抗があったため、『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』誌面上でバレないようにしていた。作中にアイドルオタク業界の用語を使用する際は、注釈で話が切れてしまわぬよう絵で理解できるよう配慮をしている。しかしネームを出した時に注釈を入れるよう注意されている。

経歴

2007年『月刊COMICリュウ』主催のマンガ新人賞、第2回龍神賞にて銀龍賞受賞。受賞作は『まんがの作り方』。後に『COMICリュウ』で連載。単行本は8巻まで発売。

2015年『推しが武道館いってくれたら死ぬ』連載開始。『COMICリュウWEB』に発表の場を移し連載を続けている。同漫画は2020年1月よりアニメ化が決まっている。

2019年10月5日より岡山県高梁市にある吉備川上ふれあい漫画美術館にて『平尾アウリ原画展~アイドルと百合と岡山』開催。作品はカラー、モノクロ合わせて50点以上が展示。展示は12月22日まで。11月17日には平尾アウリトークイベントも行われた。

作品リスト(単行本作品のみ)

  • 2008-2014年『まんがの作り方』(徳間書店『月刊COMICリュウ』)全8巻

  • 2010-2011年『夏空に、きみと見た夢』(フレックスコミックス『FlexComixフレア』※原作飯田雪子)全2巻

  • 2011-2012年『OとKのあいだ』(幻冬舎『コミックスピカ』)1巻

  • 2012-2013年『センセイと僕』(幻冬舎『コミックスピカ』)1巻

  • 2013『今日も渋谷のはじっこで』(祥伝社『FEEL YOUNG』)1巻

  • 2015-2017年『青春の光となんか』(竹書房『まんがライフSTORIA』)1巻

  • 2015年-『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(徳間書店『月刊COMICリュウ』)既刊6巻

似たようなキーフレーズ

トミムラコタは、日本のイラストレーター、漫画家、グラフィックデザイナー。1990年生まれ。沖縄県出身。バイセクシュアルであることを公言している。代表作に『実録!父さん伝説』『ぼくたちLGBT』。SNSではオリジナルキャラクターの恐竜を主役にしたイラス...

山本崇一朗は、日本の漫画家、イラストレーター。1986年5月31日生まれ。pixivでのハンドルネーム「生醤油うどん」。代表作に『からかい上手の高木さん』(連載中)。

窪之内英策(くぼのうちえいさく)とは、1966年11月11日生まれの日本の漫画家。 代表作に『ツルモク独身寮』『ワタナベ』『ショコラ』。

和月伸宏とは日本の漫画家、イラストレーター。 週刊少年ジャンプで「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」、「武装錬金」などを連載。現在はジャンプスクエアで活動。

澤江ポンプとは、日本の漫画家。男性。好きな食べ物はフランスパン。 代表作に『悟りパパ』。自身のTwitterやPixivにて公開した『ハダカヨメ』『愛のBBQ』『サイコンクエスト』『怖くない話』などが話題に。...

ドラゴン画廊・リーとは、同人活動を中心に執筆している漫画家。主に『ドラゴンボール』『ワンパンマン』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』の二次創作を発表。 少年ジャンプ+にて『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』を連載中...

吉田貴司(よしだたかし)とは、漫画家。 代表作に、「フィンランド・サガ(性)」「シェアバディ」(原作担当)「やれたかも委員会」。

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 364日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ