岩合光昭

いわごうみつあき

動物写真家。猫などの身近な動物から世界各地の野生動物まで幅広く撮影している。アフリカ・セレンゲティ国立公園で撮影した写真集『おきて』が世界中でベストセラーとなった。日本人として初めてナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾っている。

概要

・1950年東京生まれ。19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。

・最近はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れている。NHKBSで放送されている「岩合光昭の世界ネコ歩き」では、画面を食い入るように見つめる飼い猫たちが続出するという現象も起き、話題となった。

・写真展「ねこ歩き」が、2013年5月の日本橋三越を皮切りに日本各地で開催されている。

似たようなキーフレーズ

同じカテゴリーのキーフレーズ

イラスト・アート

更新日: 2015日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ