円谷プロ、団時朗さんを追悼『帰ってきたウルトラマン』最終話を無料配信

円谷プロ、団時朗さんを追悼『帰ってきたウルトラマン』最終話を無料配信

3月22日に亡くなった団時朗さん演じる『帰ってきたウルトラマン』の主人公・郷秀樹/円谷プロダクション公式サイトより

帰ってきたウルトラマン』第51話(最終話)「ウルトラ5つの誓い」が、配信サービス・TSUBURAYA IMAGINATIONと公式YouTube「ウルトラマン公式チャンネル」で無料配信されている。

3月22日、『帰ってきたウルトラマン』で主役の郷秀樹を演じた団時朗さんが亡くなったことを受けた追悼企画として、3月28日から4月30日(日)までの期間限定で公開中だ。

人間ドラマも描かれた『帰ってきたウルトラマン』

『帰ってきたウルトラマン』/円谷プロダクション公式サイトより

『帰ってきたウルトラマン』は、1971年4月から1972年3月まで放送された円谷プロダクション制作の特撮ドラマ。

1966年放送の『ウルトラQ』から続く「ウルトラシリーズ」4作目であり、主人公・郷秀樹(演:団時朗さん)が子供を守るために身を投げ出した勇気に感動したウルトラマンが、彼と一体化して怪獣と戦う物語。

巨大ヒーローと怪獣が激突する面白さに加え、地球を守る組織・MATに入隊した郷が仲間たちと互いに協力し合い、時には衝突しながら成長していく人間ドラマも描かれている。

特に、1971年11月に放送された31話から34話までの4本「悪魔と天使の間に…」「落日の決闘」「怪獣使いと少年」「許されざるいのち」は、“11月の傑作群”と呼ばれる名エピソードだ。

団時朗さん演じる郷秀樹が伝えたメッセージ

特別配信『帰ってきたウルトラマン』第51話(期間限定)
団時朗さんを追悼するべく、今回無料配信された「ウルトラ5つの誓い」は、『帰ってきたウルトラマン』の最終話にあたる第51話。

ウルトラマンに変身した郷が、宿敵・ゼットンに最後の戦いに挑むという内容で、作品のサブタイトルである「ウルトラ5つの誓い」は、郷が地球を去る際に、坂田次郎少年に伝えた大切なメッセージとなっている。

無料配信にあたって、円谷プロダクションは公式サイトで、「去る3月22日『帰ってきたウルトラマン』で主役の郷秀樹を演じられた団時朗さんがご逝去されました。ご生前のお姿を偲び心よりご冥福をお祈りいたします」と哀悼。

続けて「ウルトラの星へと旅立たれた団さんを追悼し、第51話(最終話)の「ウルトラ5つの誓い」をTSUBURAYA IMAGINATIONとYoutubeウルトラマン公式チャンネルにて、期間限定無料公開します」と報告している。

特撮というジャンルについて

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

Tweet
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

よく読まれている記事

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ