「グッバイ宣言」ボカロ曲初のYouTube1億回再生 Chinozo「本当にうれしい」

Chinozo 「グッバイ宣言」 feat.FloweR

ボカロP・Chinozoさんの楽曲「グッバイ宣言」が、YouTubeでの再生回数1億回を突破した。VOCALOID(ボーカロイド)が歌唱する楽曲、いわゆるボカロ曲では初となる(※)。

今回の快挙にTwitterでは「快挙1億再生」がトレンド入り。Chinozoさんも「全世界の皆様、ありがとうございます!!!この楽曲が多くの方に聴いて楽しんでいただけて本当にうれしいです!!」と喜びを露わにした。

これを祝し、小説版『グッバイ宣言』では記念企画が準備中。詳細は後日発表とのこと。

※「ボーカロイド」「ボカロ」「VOCALOID」でキーワード検索し、フィルタの「並べ替え」を「視聴回数」に指定して検証を行った。

TikTokでバイラルヒット 「歌ってみた」「踊ってみた」が流行

「グッバイ宣言」は、2020年4月13日にYouTube・ニコニコ動画でMVが投稿され、同年4月24日に配信リリース。TikTokを中心にバイラルヒットしたボカロ曲だ。

歌い手YouTuberバーチャルYouTuber問わず、数々のインフルエンサーによってカバー。

「歌ってみた」のほかにも、イラストレーター・アルセチカさんが描き下ろした、右手の親指・人差し指で丸をつくって頭の後ろに回し、左手は同じ方向にピースする決めポーズを取り入れた「フィンガーダンス」が流行した。
【歌ってみた】グッバイ宣言 / 百鬼あやめ cover

@yuraneko_ ボカロ曲流行るのオタクとして嬉しい#グッバイ宣言 #踊ってみた #おうちで過ごし隊 #アイドル #緑髪 #緑好き #ボカロ #ハーネスベルト ♬ グッバイ宣言 - Chinozo

YouTubeで最も再生されたボカロ曲「グッバイ宣言」

Billboard Japanが発表した2021年の年間チャート「Top User Generated Songs」で4位にランクインし、ボカロ曲を熱心に聴くリスナー以外にも知名度を広げた「グッバイ宣言」。

同年8月、ハチ米津玄師さんの楽曲「砂の惑星」を抜き、YouTubeで最も再生されたボカロ曲に。

10月にはChinozoさんの監修の下、三月みどりさんにより小説化。MF文庫Jより刊行された。

スマホゲーム『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』にも、2022年6月13日に追加されている。

1
2

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。