8

22/7から海乃るり、倉岡水巴、武田愛奈が卒業 11月ライブが最後の舞台に

22/7から海乃るり、倉岡水巴、武田愛奈が卒業 11月ライブが最後の舞台に

22/7(ナナブンノニジュウニ)新アーティスト写真

POPなポイントを3行で

  • 22/7から海乃るり、倉岡水巴、武田愛奈が卒業
  • 11月開催のライブが3人の最後のステージに
  • 8枚目のシングル「覚醒」は現体制最後の曲に
デジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ、通称・ナナニジ)から海乃るりさん(戸田ジュン役)、倉岡水巴さん(河野都役)、武田愛奈さん(柊つぼみ役)が卒業する。

11月24日(水)に発売される8枚目のシングル「覚醒」のタイトル決定とあわせて発表された。海乃さん、倉岡さんは11月末、武田さんは12月末に卒業予定。「覚醒」は現メンバー10名でのラストシングルになる。

3人はそれぞれ公式サイトでブログを更新。「やるべき事は全てやり切った」「今の自分をリセットし再出発」「自分らしくいられる場所を見つけたい」など、卒業を決断した経緯を明かしている。

ナナニジは現在、新メンバーオーディションを開催中。11月14日(日)開催のライブ「22/7 ANNIVERSARY LIVE 2021」が、卒業を発表した3人と会える最後の機会になる。

なお、あわせてスマートフォン向けゲームアプリ『22/7 音楽の時間』が、12月22日(水)14時をもってサービスを終了することも発表されている。

次元を行き来する22/7

22/7は、秋元康さん総合プロデュースのもと、ソニーミュージックとアニプレックスがタッグを組んだアイドルプロジェクト。

2016年、キャラクターを演じる声優アイドルを募るオーディションで、応募総数10325名の中から選ばれた11名によって結成され、翌年9月に『僕は存在していなかった』でデビューした。

深崎暮人さん、田中将賀さん、カントクさん、こやまひろかずさん、渡辺明夫さん、黒星紅白さん、岸田メルさんといった日本を代表する有名イラストレーターが各キャラクターをデザイン。
22/7 7thシングル『僕が持ってるものなら』MV
22/7「11という名の永遠の素数 Release Tour 2021」ダイジェスト
メンバーそれぞれが1人ずつキャラクターを演じるのが特徴で、キャラクターとしてはTVアニメやスマートフォンゲームなどが展開。声優アイドルとしてもTOKYO MXで放送中の冠番組『22/7 計算中』をはじめ、二次元と三次元を組み合わせた展開が特徴だ。

メンバーは、西條和さん(滝川みう役)、河瀬詩さん(斎藤ニコル役)、宮瀬玲奈さん(立川絢香役)、涼花萌さん(神木みかみ役)、高辻麗さん(東条悠希役)、天城サリーさん(藤間桜役)、海乃るりさん(戸田ジュン役)、倉岡水巴さん(河野都役)、武田愛奈さん(柊つぼみ役)、白沢かなえさん(丸山あかね役)の10名。

2月に元リーダーの帆風千春さん(佐藤麗華役)が卒業して以降、現在の10名で活動していた。

22/7についてもっと知る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ