Vライバー事務所が差し入れ受付中止 スマートタグでの個人情報漏洩を警戒

差し入れ受付停止のお知らせ/画像は事務所公式Twitterから

POPなポイントを3行で

  • Vライバー事務所「LiverCity」が声明
  • 差し入れ受付を中止
  • 紛失防止タグによるプライバシー侵害を懸念
バーチャルライバー事務所「LiverCity」が、ライバーへの差し入れの受付停止を発表した。

差し入れの受付停止については、「紛失防止タグ」などを忍ばせた差し入れにより所属ライバーの個人情報が漏洩しプライバシーが侵害される可能性があるためと説明。

また、紛失防止タグなどに対する有効な検出手段が確保でき次第、差し入れ受付を再開するとしている。

LiverCityは今回の措置に対し、「99.99パーセントの善意を持ったファンの方の利便性を損なうこととなりお詫び申し上げます。」とコメントしている。

進化が進む紛失防止タグ

「スマートタグ」とも呼ばれる紛失防止タグは、財布やカバンに付けることで音や光で置き忘れを警告してくれたり、GPSなどにより紛失物を捜索できるアイテム。

キーホルダー、カード、シールなど様々なタイプが存在しており、4月にはAppleが参入し、iPhoneと連携可能な紛失防止タグ「AirTag」を発売し話題となった。

さらに、オーディオブランドの「GLIDiC」が紛失防止タグ「Tile」と共同で、捜索機能を内蔵したイヤホンを開発するなど、落としやすいものにあらかじめ内蔵する形などで進化を続けている。
GLIDiC 完全ワイヤレスイヤホン【Sound Air TW-7100】30sec

10年愛されるVライバーを育成する「LiverCity」

LiverCityは、絵守未來さん、絵夢アリスさん、淡絵イロハさん、絵月ルナさんなどのバーチャルライバーが所属する事務所。現役引退後も含め「10年愛されるVライバー」の育成を理念としている。

配信プラットフォーム・SHOWROOMの公式オーガナイザーでもあり、所属タレントたちはメインの活動の場がSHOWROOMとなっているため、バーチャルYouTuberではなくバーチャルライバーと呼称されている。
【ASMR】ヤンデレ幼馴染に監禁される【シチュエーション】
LiverCityは、封筒内に手紙以外を同封しないように注意を促したうえで、手紙の受付は続行するとしている。

バーチャル文化の最先端

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。