40

悠木碧が新曲「ぐだふわエブリデー」 元社畜OLの魔女演じる異世界転生アニメ主題歌

悠木碧が新曲「ぐだふわエブリデー」 元社畜OLの魔女演じる異世界転生アニメ主題歌

悠木碧さん

POPなポイントを3行で

  • 声優/アーティスト・悠木碧の新曲「ぐだふわエブリデー」
  • 元社畜の魔女演じるアニメ『スライム倒して300年』主題歌
  • 幼女になったり蜘蛛になったりと異世界転生が続きますね
声優/アーティスト・悠木碧さんの最新シングル『ぐだふわエブリデー』が4月7日(水)に発売。「Unbreakable」以来、1年3ヶ月ぶりのリリース、待ちわびてた!

楽曲は、悠木碧さん自身が主人公・アズサ役で出演する4月放送のアニメ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のOP主題歌。

これは魔女、いや魔法使い?──と、作品世界とも通じるイメージでありながら、彼女らしさが伝わる新たなアーティスト写真も公開されている。

表題曲の「ぐだふわエブリデー」は作詞をOSTER project、作曲・編曲を涼木シンジさんが担当。カップリング曲である「異世界管理局創造課」は作詞を悠木碧さん自らが手がけ、作曲・編曲はフワリさんが担当する。

悠木碧さん、声優という枠にとどまらないご活躍

悠木碧さん

魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか役をはじめ、数々のアニメ・ゲームなどに出演している悠木碧さん。

物語も佳境を迎える『ヒーリングっど♥プリキュア』では主人公・キュアグレース/花寺のどか役を演じてみんなのヒーローに。

そうかと思えば1月から放送中のアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』では、自身初、まさかの元女子高生が転生した蜘蛛役で縦横無尽に歩き回っている。ED主題歌も担当されているのですが詰めに詰め込まれた歌詞を文字通り躍動しながら歌っています。
『蜘蛛ですが、なにか?』PV
EDテーマ「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」リリックビデオ
どんな役・作品に出演しても、役者としてのスキルを感じさせ、キャラクターの魅力をより引き出す彼女の活躍は、声優だけにとどまらない。

アーティストとしては2019年、同年発売したアルバム『ボイスサンプル』の曲を中心とした、オーケストラコンサートを開催。

言葉の擬“獣”化をテーマとした「YUKI×AOI キメラプロジェクト」では、企画・原案・キャラクターデザインを手がけている。すんごいね。

長めのタイトルが気になる『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』とは?

八面六臂とお呼びしても差し支えない悠木碧さんがOP主題歌を担当するアニメ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』。

原作はシリーズ累計150万部発行、SBクリエイティブが刊行するライトノベルレーベル・GAノベルにおいて、歴代売り上げ1位を記録した異世界アットホームコメディーだ。

作者は森田季節さん、イラストは以前に自主企画『LACKGIRL』のクラウドファンディングの際に取り上げたイラストレーター/キャラクターデザイナーの紅緒さん(関連記事)が担当している。
『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』PV第1弾
物語は、ごく普通のOL・相沢梓は働き過ぎが原因で過労死し、不老不死の魔女アズサとして異世界に転生……って、また異世界に転生しちゃうわけです。

『幼女戦記』でおじさん幼女になったかと思えば、『蜘蛛ですが、なにか?』で元JKの蜘蛛、そして今回は元OLの魔女──転生先でのご活躍、続きますね。

とにもかくにも、悠木碧さん演じるアズサは前世での反省から、辺境の高原でのんびりスローライフをスタート。
『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』PV第2弾
小銭を稼ぎながらのんびり過ごすこと300年、当初の目論見とは裏腹に、スライムを倒し続けた経験値で、いつの間にか世界最強となってしまったアズサ。

彼女のもとには腕に自信のある冒険者、決闘を挑んでくるドラゴン娘や、アズサを母と呼ぶ謎のモンスター娘が押しかけてくるというお話。

悠木碧さんのOP主題歌『ぐだふわエブリデー』はもちろん、TVアニメ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』もお楽しみに!

悠木碧さんのすごさ、語り足りないね

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

36
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ