12

バーチャルSNS「cluster」が三菱地所とタッグ 丸の内をバーチャル化

バーチャルSNS「cluster」が三菱地所とタッグ 丸の内をバーチャル化

「丸の内 City DX パートナーズ」

POPなポイントを3行で

  • clusterに「バーチャル丸の内」構築
  • 「丸の内 City DX パートナーズ」の一環として
  • 吉本芸人による「バーチャル丸の内フェス」も開催
現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や緊急事態宣言の影響によってオフラインでのイベント開催や交流の機会が制限され、その代替を求める潮流が強まっている。

そんな中、バーチャルSNS「cluster」を運営するクラスター株式会社が、三菱地所とTokyo Marunouchi Innovation Platform(TMIP)によって設立された「丸の内 City DX パートナーズ」に、スタートアップパートナーとして参加することが発表された。

取り組みの一環として、「cluster」上に丸の内ビル1階のイベントスペースを再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」を構築。イベントの開催も予定されている。

吉本芸人も参加する「バーチャル丸の内」

「バーチャル丸の内」

「バーチャル丸の内」はデジタルを活用し、暮らしやすさの向上とリアルな都市の価値向上を目指す「丸の内 City DX パートナーズ」の一環として構築されたバーチャルなイベントスペース。

世界初のVR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や渋谷区公認の「バーチャル渋谷」などを手掛けたクラスターが運営するバーチャルSNS「cluster」上に開設されている。

「バーチャル丸の内」の始動第1弾イベントとして、よしもと有楽町シアターと共同で2月21日(日)にオープニングイベント「バーチャル丸の内フェス」の開催が決定。

「バーチャル丸の内フェス」

イベントは2部制になっており、お笑いコンビ・しずるがメインMCを務め、第7世代芸人の空気階段や、「ニューヨーク Official Channel」で公開されたドキュメンタリー『ザ・エレクトリカルパレーズ』で話題になったラフレクランなどが登場する。
ザ・エレクトリカルパレーズ

オフラインでイベントができないならどうする?

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴った2度目の緊急事態宣言の発令によって、中止になるイベントが続出している。

しかし、そういった困難に対し、1月には中止となってしまった札幌の成人式を新成人が中心となってVR空間で代替開催するなど、VRを用いて新たな方式でイベントを開催する動きも現れている。

また、都市のVR化としては同じくクラスターが手がけた「バーチャル渋谷」も存在している。 比較的安価なVRデバイスである「Oculus Quest 2」の発売や、スマホからでもアクセスできるバーチャルSNS「cluster」によって、徐々にその普及率が上がっているVR。

先の見えないコロナ禍を耐え忍ぶ新たな活路として注目がさらに高まる中、2021年にはどのような変化が起こるだろうか。

コロナ禍がもたらした苦境に見出す活路

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ