43

躁うつを生きるラッパー 小林勝行のその後 ドキュメンタリー映画『寛解の連続』

POPなポイントを3行で

  • ラッパー・小林勝行に密着したドキュメンタリー『寛解の連続』
  • 活動休止から2ndアルバム『かっつん』発表までに密着
  • コロナ禍で公開延期も2週間限定での有料配信を決定
躁うつを生きるラッパー 小林勝行のその後 ドキュメンタリー映画『寛解の連続』

『寛解の連続』パンフレット表紙

  • 12 images

躁うつを生きるラッパー・小林勝行に密着したヒップホップ・ドキュメンタリー映画『寛解の連続』が、5月23日(土)より2週間限定で有料配信される。

動画配信サービス・Vimeoで本作の鑑賞券を購入すると、24時間のレンタル視聴が可能となる(外部リンク)。

なお鑑賞料金となる1,500円は、プラットフォームの使用料(約10%)を差引後、一般的な興行収入と同様、劇場と配給とで5:5で分配。

1週目の収益は元町映画館へ、2週目の収益は上映が予定されていた大阪・シアターセブンへ分配される。

本作は5月23日(土)から映画の舞台・神戸の元町映画館で公開される予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で上映を延期している。

2ndアルバムで歌った躁うつ、信仰する宗教について

小林勝行さん

兵庫県神戸市在住のラッパー・小林勝行さん。

2011年に発表した1stアルバム『神戸薔薇尻』で、日本の地方都市に生きるアウトローの半生を生々しく描き、一部批評家やリスナーから支持を集めた。

しかし、彼はその後活動を休止してしまう。
ドキュメンタリー映画『寛解の連続』予告編
『寛解の連続』は、そんな小林勝行さんのその後を追ったドキュメンタリー。

彼が自身の抱える躁うつ病や隔離病棟での体験、障がい者介護に従事する日常、信仰する宗教のことなどをテーマにした2ndアルバム『かっつん』を発表するまでに密着。

本作の撮影・編集・監督・プロデューサーの光永惇さんは、6年の歳月をかけ小林勝行さんのリアルな生活を撮り続けた。

『寛解の連続』光永惇監督からのコメント

『寛解の連続』光永惇監督 コメント
本来であれば、この映画はゆっくりと各地を回り、直接皆さんと出会うはずでした。

不特定多数の他者と同じ空間で、同じ時間に、同じ一つの画面を見つめ、同じ音を聞くこと。そんな鑑賞形態が、この作品のメッセージと響き合う最良の形だと、今でも思います。

それでも配信で公開することにしたのは、この映画を「今」届けること、それ自体に新たな意義が生まれていると思うからです。

この映画の大きなテーマは「病」です。これ以上ないほど人間の、社会の「病」が可視化されている現在、小林さんの言葉、音楽、生き方は多くの人にとって考えさせられる部分があると思います。

それに何より、これまでずっと「病」に苦しみつづけてきた人たちや、最近唐突に「病」の烙印をおされてしまった人たちを、強く励ます何かがあるはずだと信じています。

また、公開に合わせてパンフレットを作りました。

全48ページ、過去の自主上映会で出会った方々のコラムや、ゲストの方とのトークショーの文字起こし、お客さんとのQ&A、各上映会の空気感を伝えるレポートで構成されています。ぜひ鑑賞後のお供に読んでみてください。

いつか改めてPCやスマホのディスプレイではなく、真っ白いスクリーンでお目にかかれる日が来ることを願って。

(c) 2019 sardineheadpictures

知っておきたい音楽家や話題のトピック

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「小林勝行」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 38

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ