28

POPなポイントを3行で

  • 元DJの住職が始めた「テクノ法要」
  • 若手の僧侶が開催する革新的な寺社フェス「向源」
  • ニコニコ超会議でコラボするためにクラウドファンディング
ニコ超に「極楽浄土」を出現させたい! 「仏教×フェス」クラファン実施

テクノ法要/画像はクラウドファンディングページから

元DJという異色の経歴をもつ住職・朝倉行宣さんが始めた「テクノ法要」。

プロジェクションマッピングで寺院を飾り、テクノ音楽にのせて読経するというアイデアが注目を集め、築地本願寺や東京国立博物館などでも開催されてきた。

この「テクノ法要」と、若手僧侶を中心に行われる寺社フェス「向源」が「ニコニコ超会議2020」でコラボイベントを開催するために、クラウドファンディングを実施している。目標金額は1,000万円だ。

テクノにのせて読経する「テクノ法要」

照恩寺 テクノ法要
法要は遺族が故人を供養するために住職にお経をあげてもらうものだが、この読経をテクノ音楽にのせて行うのが「テクノ法要」。

福井県・照恩寺の17代目住職・朝倉行宣さんが2016年から主催しており、「向源」とのコラボイベント「超テクノ法要×向源」を、2018年と2019年のニコニコ超会議で開催している。

ニコニコ超会議で開催「超テクノ法要×向源」

niconico×照恩寺 テクノ法要
「超テクノ法要×向源」は、多くの僧侶とクリエイターが参画して開催されてきた。

3度目の開催となる今回は、映像クリエイターが制作した映像を、縦6メートル/横10メートルを超えるこれまでで最大のスクリーンに、4Kプロジェクターで映し出すことを目指しているため、相応の準備と費用が必要となる。

と同時に、仏教文化を多くの観客に知ってもらい楽しんでもらう場所にするため、個別の入場料がかからないニコニコ超会議での開催となっており、この相反する要素を実現するため、クラウドファンディングを実施する。

「闘会議」と合同開催が決まった「ニコニコ超会議2020」

ニコニコのすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに、2012年から毎年春に開催されてきたドワンゴのビッグイベント「ニコニコ超会議」。

「超テクノ法要×向源」といった舞台パフォーマンスから、ニコニコ動画の新機能発表会やゲストによるトークイベントなど様々な催しが開かれる。

そんな本イベントは、今回初めて古今東西のゲームが集まる「闘会議」と合同開催されることが決定している。

前回の「ニコニコ超会議2019」はニコニコ動画事業の低迷など過去最高となる会場来場者数16万8248人を記録。

「ニコニコ超会議2020」は「闘会議」との合同開催ということもあって混雑は必至だ。

会期は4月18日(土)と19日(日)を予定している。

気になる掛け合わせ

こんな記事も読まれています

イベント情報

ニコニコ超会議2020

会期 2020年4月18日(土)10:00~18:00(最終入場 17:30)
2020年4月19日(日)10:00~17:00(最終入場 16:30)
会場 幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
主催 ニコニコ超会議実行委員会

関連キーフレーズ

「テクノ法要」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 20

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ