87

アニメだけの爆音映画祭『プロメア』『パプリカ』『カリオストロの城』など11作

『パプリカ』(c)2006 MADHOUSE / Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

  • 15 images

音楽用のライヴ音響システムを使用して大音量で映画を鑑賞する「爆音映画祭」が、大阪・MOVIX八尾で2020年1月9日(木)から1月13日(月・祝)まで5日間にわたって開催される。

以前にもMOVIX八尾で開催されていた「爆音映画祭」だが、今回は「アニメを“音”で、もっと楽しもう!」というコンセプトのもと、上映映画をアニメーション映画に限定。

2019年大ヒットとなった『プロメア』や公開から年月がたっても幅広いアニメファンから熱い支持を受け続ける『TIGER & BUNNY』、さらには不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城』や『パプリカ』など、新作・旧作を織り交ぜた11作品を上映する。

トークショーや「応炎上映」も開催

『プロメア』(c)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

「アニメーション爆音映画祭 in MOVIX八尾」を総合的にプロデュースするのは、2004年から東京・吉祥寺バウスシアター、そして日本全国各地にて、「爆音」という新しい映画の楽しみ方を創出した樋口泰人さん。

迫力のあるシーンはよりダイナミックに、緊張感のあるシーンはよりきめ細やかになるように作品やシーンそれぞれに合わせて繊細に音量や音圧を調整する。

上映映画は以下の通り。

・『プロメア』
・『ルパン三世 カリオストロの城』
・『パプリカ』
・『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- 』
・『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 』
・『COWBOY BEBOP 天国の扉』
・『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> 』
・『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム』
・『スパイダーマン:スパイダーバース』
・『ニンジャバットマン』(初)
・『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』(初)

さらに1月11日(土)の『プロメア』上映回では株式会社TRIGGER・大塚雅彦さんと爆音映画祭主宰の樋口泰人さんによるトークショーや「爆音応炎上映」も実施される予定だ。


「爆音映画祭」上映タイトルの場面写真をもっとみる

新たな映画体験

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「爆音映画祭」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 81

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ