10

POPなポイントを3行で

  • 『ブレイキング・バッド』登場の物件がAirbnbに
  • 物件の近くにはドラマのロケ地が点在
  • 続編がNetflixで配信間近

最新ニュースを受け取る

『ブレイキング・バッド』でドラッグ精製に使われた物件がAirbnbに

物件の様子/画像はすべて物件のAirbnb登録ページから

エミー賞作品部門で5度のノミネートと大ヒットを記録した『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)。その撮影に使用された物件が、民泊サービス「Airbnb」(エアビーアンドビー)に登録され話題になっている。

場所は物語の舞台でもあるアメリカ・ニューメキシコ州のアルバカーキ。物件は16人以上が一度に泊まることのできる大型の一軒家で、記事執筆時点(9月3日20時)で一泊約16000円。

オーナーの遊び心で、劇中主人公のウォルターとジェシーが着ていたものをモチーフにした化学防護服や酸素マスクを貸し出しているようだ。
物件の写真を一気に見る

続編が公開間近の『ブレイキング・バッド』

『ブレイキング・バッド』SEASON 1~3 予告編
2008年から2013年まで全5シーズンが放送され、ドラマ界のアカデミー賞ことエミー賞作品部門で5度のノミネートほか、数々の賞を受賞。アメリカを中心に世界中で評価された『ブレイキング・バッド』。

化学を教える高校教師のウォルター・ホワイトは、第2子である娘を妊娠している妻と、脳性まひを持つため杖が放せない高校生の息子とつつましく暮らすため、放課後は洗車場でアルバイトをしている。

そんな彼が突如肺がんだと診断され、余命はわずか2年と宣告された。この絶望的な状況下で、自分の死後も家族が苦労しないよう財産を残そうと、彼はドラッグ売買という黒い副業に手を出し少しずつ身を堕としていく。
『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』
そんなストーリーラインと巧みな演出、出演陣の確かな演技力もあってヒットした『ブレイキング・バッド』。つい先日、続編として『エルカミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIE』が10月11日(金)にNetflixで配信開始されることが発表されたように、今も根強い人気を誇る。

大自然のそばにある豪邸

ブレイキング・バッド物件_共用スペース そんなドラマのドラッグ精製シーンの撮影に使用されたこの物件は、子供部屋を含む4つのベッドルーム、共用エリア、ダイニングキッチン、ビリヤードルーム、バーベキューを楽しめるグリル付きの大きな裏庭などがある豪邸。

加えて『ブレイキング・バッド』のロケ地(ウォルターが洗車のアルバイトをしていた場所やジェシーの自宅など)も車で20〜30分の場所に点在しているようだ。

雄大なサンディア山脈を望むロケーションに、世界的な気球のお祭り「アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ」など、観光スポットでもあるアルバカーキ。

機会があれば一度訪れて、さらにはこのユニークな物件に泊まってみてはいかがだろうか。

ドラッグを描いた作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ブレイキング・バッド」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ