31

『1億3000万人のためのeスポーツ入門』 プレイヤーや弁護士ら執筆

『1億3000万人のためのeスポーツ入門』 プレイヤーや弁護士ら執筆

『1億3000万人のためのeスポーツ入門』表紙/画像はAmazonより

POPなポイントを3行で

  • 『1億3000万人のためのeスポーツ入門』発売
  • 選手やオーナーだけでなく、TVプロデューサーや法律家も
  • e-Sportsの輪郭を掴むための最適な一冊
NTT出版株式会社は本日5月31日(金)、『1億3000万人のためのeスポーツ入門』を発売した。

昨年は“e-Sports元年”として、国内で1億円を超える賞金の世界大会が開かれるようになり、また国体の競技に選ばれたり、専門のTV番組が放送されたり、さらには流行語にも選ばれるなど、大きな盛り上がりをみせたe-Sports業界。

今年もその盛り上がりは継続しており、「全国高校eスポーツ選手権」の開催やスター選手の来日など、話題に事欠かない。

本書はそんなe-Sports業界を知る上で押さえておきたい知識を満載した入門書となっている。

言葉ばかりが一人歩きするe-Sports

大きな盛り上がりを見せるe-Sports業界だが、インターネットカルチャーから離れたところでは言葉ばかりが一人歩きしているのが現状だ。

世界的にも有名なゲームのタイトルやその歴史、シーンの最前線を走るプロゲーマーや彼らが所属するチーム、コミュニティの実態が知られているとは言えない。

本書はそうしたe-sports業界の知識を網羅した上で、ゲームアナリスト、Webメディア運営者、プレイヤー、チームオーナー、TVプロデューサー、弁護士、コンテンツプランナー、起業家など、異なる立場の執筆陣を起用し、多角的な切り口から業界を紐解いている。

これまでも類似の書籍は出版されてきたが、この多彩な執筆陣が本書の特徴的な点だ。

e-Sportsに携わりたい学生や、事業のヒントを得たい、あるいはe-Sportsイベントの開催を考えているビジネスマンなど、幅広い層を受け止められる度量が本書にはある。

シーンの最前線で活躍してきた執筆陣

6章+座談会で構成される本書の第1章を受け持つのがe-Sports業界でアナリストとして活躍する但木一真さん。

総務省から公開されている『eスポーツ産業に関する調査研究報告書外部リンク)』の執筆や「Esportsの会」の発起人としても活動している。 第2章はe-Sportsメディア「happy esports」(外部リンク)を運営する謎部えむさん。

続く3章と4章をそれぞれ、『ぷよぷよ』のプロゲーマーとして「覇王」の異名を持つliveさん、『Call of Duty』のプロゲーミングチームのオーナーである西谷麗さんが担当。

その後の5章と6章は、アナリストやウェブメディアなどのメディア関係者、選手やチームオーナーなどの当事者のほかに、TVプロデューサーや弁護士、コンテンツプランナーや起業家などの面々が、それぞれの目線から見たe-Sportsの課題や可能性について語る構成になっている。

本書は、特に裏方にあたるTV関係者や法律家から見たe-Sportsについてのまとまった知見が掲載されるという点でも貴重な資料になりそうだ。

なお、6月4日(火)に表参道青山ブックセンターにて刊行トークイベントが開催されるほか、大阪などでもイベントが予定されているとのこと。

最前線の話題に一気に近づける機会になるだろう。

Amazonで購入する

今熱いe-sportsを知るならこちら

こんな記事も読まれています

イベント情報

「eスポーツプレイヤーはこれから5年間どう闘うか?――『ぷよぷよ』から、Rush Gamingまで」

出演
liveさん × 西谷麗さん 司会・但木一真さん
日時
6/4 (火)19:00~20:30
場所
表参道青山ブックセンター
HP
http://aoyamabc.jp/event/esports/

関連キーフレーズ

13
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ