15

POPなポイントを3行で

  • 『血界戦線』の舞台化が決定
  • 2019年秋を予定
  • 最新刊の帯での発表のみ、公式の続報に期待

最新ニュースを受け取る

人気漫画『血界戦線』 2019年秋に舞台化 最新刊で発表

書店で面陳されている『血界戦線 Back 2 Back』6巻/編集部撮影

漫画『血界戦線』が、2019年秋に舞台化されることがわかった。

本日発売された最新刊『血界戦線 Back 2 Back』第6巻の帯にて発表されている。

舞台化の発表はコミックスの帯のみ 続報に期待

『血界戦線』は、『トライガン』などの作品で知られる漫画家・内藤泰弘さんが描く人気バトルアクション漫画。

異界と人界とが交差し、一晩で変わり果てたかつてのニューヨーク「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、街の均衡を保つために結成された秘密結社ライブラの面々たちが超常現象へと挑んでいく姿が描かれる。

2015年、2016年にはアニメ化もされ、1話完結型の原作に、アニメオリジナルの要素を絡め連続性をもたせた構成は高く評価されている。現在は『ジャンプSQ.CROWN』にて、続編『血界戦線 Back 2 Back』が連載されている。

今回の舞台化に関する情報はあとがきなどにも記述がなく、最新刊の帯での発表のみ。それ以外の公式なアナウンスがないため、続報が待たれるところだ。

POPなアニメニュース

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「血界戦線」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ