55

POPなポイントを3行で

  • 米軍がe-Sportsに本格介入か
  • 軍隊キャリアのアピールが目的
  • PUBG、プロゲーマーとガチの軍人がやりあったらどうなる?

最新ニュースを受け取る

米軍がe-Sports参入に意欲 「フォートナイト」「PUBG」など

Photo credit: U.S. Army Korea (Historical Image Archive) on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

米軍が独自のe-Sports(eスポーツ)を設立し、eスポーツに本格参入する動きを見せていると、海外ゲームメディア「PC GAMER」などが報じている(外部サイト)。

e-Sportsチームを組むことで、若いアメリカ人に軍人としてのキャリアをアピールするなど、マーケティング的な試みでもあるようだ。

ガチの軍人のFPSやばそう

実際、現役軍人、退役軍人から募集しているe-Sportsチームが存在し、Googleのフォームから応募することができる。(外部サイト

フォームには応募者がプレイするゲームを選ぶ項目があり、『Fortnite』(フォートナイト)や『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(PUBG)、『Overwatch』(オーバーウォッチ)、『Call of Duty』(コール・オブ・デューティー)、『鉄拳』、『League of Legends』(リーグ・オブ・レジェンド)、『FIFA』など人気タイトルが並ぶ。

米軍e-Sportsチームの応募フォーム

特に、「フォートナイト」や「PUBG」、「コール・オブ・デューティー」などのバトルロワイアル・シューティングゲームに、もしプロの軍隊が参戦したら? これは誰もが気になるところだろう。

圧倒的な(実地)経験を通して、ドン勝を繰り広げるのか。あるいは、生え抜きのe-Sportsプレーヤーが底力を見せるのか。

実現すればかなり楽しみなトピックとなりそうだ。

あなたは誰と軍人とのバトルが見たい?

こんな記事も読まれています

関連商品

【PS4】コール オブ デューティ ブラックオプス 4 【Amazon.co.jp限定】コーリングカード配信【CEROレーティング「Z」】

発売 : 2018年10月12日
価格 : 8,532円(税込み)
販売元 : ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ガチの軍隊の立ち回りヤバそう

関連キーフレーズ

「e-Sports」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 20

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ