53

POPなポイントを3行で

  • 音楽ストリーミング「YouTube Music」日本でも解禁
  • ユーザーがコンテンツを投稿できる機能(UGC)も
  • 月額定額制「YouTube Music Premium」も用意

最新ニュースを受け取る

「YouTube Music」日本解禁 ユーザー投稿の著作権もクリアに
本日2018年11月14日(水)、YouTubeが音楽アプリを発表した。

YouTube Music」(YouTube ミュージック)という音楽視聴に特化したアプリだ。
YouTube Music
これまで音楽アプリを楽しんでいた人は、それらのアプリとYouTubeを行き来することなく、YouTubeのみで音楽体験が完結するようになる。

主な特徴は以下の通り。

・歌詞や楽曲の特徴から検索できる
・音声と動画をボタンひとつで切り替えられる
・収録曲は、公式楽曲、リミックスや、カバー曲、ライブ、レア音源など多彩。本アプリだけの音楽も用意される
・「無料版」と「定額購入(サブスクリプション)版」がある。定額購入版は、音楽を広告表示なしで、バックグラウンドやオフラインでも視聴できる。さらに、「オフラインミックス」という機能を有効にすると、お気に入りの曲を自動再生できるようにもなる
・ホーム画面は、ユーザの使用履歴やロケーション履歴(許可している場合のみ)に合わせてカスタマイズされる
・「ホットリスト」という画面では、日本で流行っている楽曲や、要注目・急上昇のアーティストやミュージックビデオを紹介する機能もある

さらに、ユーザーがコンテンツを投稿できる機能(UGC)も設けられる。ユーザーがカバーやリミックスを投稿でき、著作権管理システム「Content ID」により適切に著作権管理される。いわゆる「歌ってみた」や「踊ってみた」にも対応していることになる。

「YouTube Music Premium」も用意

IMG_4282_3

記者会見でサービス説明をする、YouTube日本音楽ビジネス開発統括担当の鬼頭武也氏

Google傘下の米YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービスとして5月から米国やオーストラリア、韓国などで開始、現在22の国と地域で提供されている「YouTube Music」。

広告がついた無料版と、月額定額制の有料版「YouTube Music Premium」を展開する。

価格は、Web版・Android版が980円、iOS版が1,280円となる。

有料版「YouTube Music Premium」では、広告なしで音楽を再生できるほか、バックグラウンドやオフラインでの音楽再生にも対応している。
YouTube Music、日本一早く体験してみた
また、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Google Home」や「Google Home Mini」とも連携。話しかけるだけで再生してくれる。

なお、新たにそれらのスマートスピーカーを購入すると、2019年4月8日まで「YouTube Music Premium」を体験することができる特典も用意された。

「YouTube Music」について

こんな記事も読まれています

関連商品

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

著者 : ロバート キンセル, マーニー ペイヴァン
発売 : 2018年3月15日
価格 : 1,944円(税込み)
販売元 : 文藝春秋

YouTubeが起こす革命

関連キーフレーズ

「YouTube Music」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ