13

「機動戦士ガンダム」ハリウッド実写版 サンライズとLEGENDARYが共同開発

「機動戦士ガンダム」ハリウッド実写版 サンライズとLEGENDARYが共同開発

「Anime Expo 2018」で発表された「機動戦士ガンダム」のハリウッド実写映画化

POPなポイントを3行で

  • アニメ「機動戦士ガンダム」がハリウッド実写映画化
  • サンライズと米LEGENDARYが共同開発
  • 開催中の「Anime Expo 2018」で明かされた
アニメスタジオ・サンライズとアメリカのLEGENDARYは、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズのハリウッド実写映画版を共同開発する。

7月5日(木)から8日(日)にかけてロサンゼルスで開催中の「Anime Expo 2018」で発表された。
Sunrise_Panel_Gundam_Short_2018AX

世界に広がる「ガンダム」人気

1979年にTV放送がスタートして来年で40周年を迎える「機動戦士ガンダム」。

さまざまなシリーズを展開し、年齢・性別を問わず幅広い層に支持を受けており、その人気は海外まで広がっている。

さらに2018年は、LEGENDARY制作の『パシフィック・リム:アップライジング』やスティーブン・スピルバーグ監督の作品『レディ・プレイヤー1』にも登場して話題を呼んだ。

多くのヒット作を手がけるサンライズとLEGENDARY

「機動戦士ガンダム」を手がけるサンライズは、バンダイナムコホールディングスのグループ会社でアニメーションを中心とした映像製作スタジオ。

代表作には「コードギアス」「ラブライブ!」「カウボーイビバップ」などのシリーズがある。

さらに、2018年4月からはアニメーションに限らず、既存IP(Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産)のイノベーションと新規IP創出にも取り組んでいる。

一方のLEGENDARYは、映画・テレビ・コミックなど全世界に向けたコンテンツを制作、発信。「パシフィック・リム」シリーズ、「ジュラシック・ワールド」シリーズ、『GODZILLA』など数々の世界的大ヒット作品を生み出してきた。

現在は『SKYSCRAPER』『GODZILLA: KING OF THE MONSTERS』、実写映画『DETECTIVE PIKACHU』などを制作中。

これまでLEGENDARYとグループ会社制作作品の全世界における映画の累計興行収入は140億ドルを超えている。

そんな両社によるハリウッド実写版「機動戦士ガンダム」の共同開発。公開時期などの詳細は続報を待ちたい。

今チェックしとくべき作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

10
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ