55

POPなポイントを3行で

  • 8月11日の『新幹線変形ロボ シンカリオン』 がエヴァンゲリオンとコラボ
  • エヴァ新幹線がシンカリオンに変形
  • シンジ君が元気になっちゃうかも

最新ニュースを受け取る

エヴァ新幹線『シンカリオン』で巨大ロボバトル 運転士はシンジ君!

山陽新幹線「500 TYPE EVA」/画像は公式サイトより

放送中のTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』 8月11日(土)放送回で、エヴァンゲリオンとのコラボが行われる。

同回ではエヴァンゲリオンの主人公・碇シンジも「シンカリオン」の運転士として登場。もちろん声も碇シンジ役の緒方恵美さんが担当している。

シンカリオンとは?

新幹線が巨大ロボット「シンカリオン」に変形し、巨大怪物体から日本の未来を守る──という王道かつ痛快なストーリーの『新幹線変形ロボ シンカリオン』 。

主人公・速杉ハヤトの乗り込む東北新幹線「E5系けいはやぶさ」をはじめ、実際に日本全国を走る新幹線が「シンカリオン」に変形する興奮や、SFロボットバトル作品ながら「車両規格の問題で出動できない地域がある」など、鉄道の前提に基づいたリアルな脚本が人気となっている。
シンカリオンの運転士になったミクさん

シンカリオンの運転士になったミクさん/画像は公式サイトより

ちなみに第15・16話では初音ミクが北海道の運転士としてメインキャラクター的に登場するなど、刺さる人には刺さるコラボ回も。
ゲンドウ…?

ゲンドウ…?/画像は公式サイトより

“エヴァ新幹線”としてこの5月まで実際に運行され人気を博した山陽新幹線「500 TYPE EVA」も第17話で登場。

本拠地は大宮だが、作中では実際にエヴァ新幹線の止まる新大阪まで出向き、コラボ回らしい強烈なエヴァパロディの連続を見せつけていた。

『エヴァ』はシンカリオンのテンションに耐えられるのか

そして第17話では車両の登場のみだったが、8月11日(土)放送回では待望されていた「シンカリオン」に変形。

変形後のヘッドはご丁寧にエヴァンゲリオンそのままのデザインになっている。そこに痺れる、憧れるゥ! 余談だが、アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』がはじまった当初、子供が大人に協力するために巨大なロボにのって戦う…という構成が「エヴァンゲリオン」と似ているという感想も上がっていた。

だが、「シンカリオンの運転士になる」という事象を、自らの意志でポジティブに受け入れた主人公・速杉ハヤト(そしてアニメの登場人物全体)は、陰鬱とした空気すらある「エヴァンゲリオン」と対極に位置するキャラクターだと思える。

『シンカリオン』に登場したシンジ君が、ウジウジしたままでいられるのか……両作のファンである筆者は今から楽しみだ。

また、上記で初音ミクを第15・16話のゲストキャラと書いたが、その後もしれっと登場していたりする。シンジ君ももしかすると、今後もひょっこり出続けるかもしれない。

語り継がれるエヴァ

こんな記事も読まれています

関連商品

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン 500 TYPE EVA

価格 : 8,640円(税込み)
販売元 : タカラトミー

もうあるんだよなぁ

関連キーフレーズ

「新幹線変形ロボ シンカリオン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 17

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ