29

POPなポイントを3行で

  • 講談社の読み放題サービス「コミックDAYS」のWeb版がプレ公開
  • 「ザ・ファブル」や「波よ聞いてくれ」など人気漫画を現在無料公開中
  • 出版社が主体となった電子書籍サービスに期待したい
ヤンマガやモーニング読み放題の「コミックDAYS」 人気漫画2000話を無料公開中!

Web版「コミックDAYS」のスクリーンショット

2月15日(水)、講談社の読み放題サービス「コミックDAYS」のWeb版がプレリリースとなった。

同社の発行する漫画雑誌『ヤングマガジン』『モーニング』『アフタヌーン』『イブニング』『Kiss』『BE・LOVE』という6誌が、月額720円(初月無料)で読み放題となる。

3月1日(木)にはアプリ版を公開予定。プレリリース記念として、3月1日まで現連載作品から計2000話が無料で公開中だ。

講談社の読み放題サービス「コミックDAYS」がプレリリース

「コミックDAYS」の有料版「DAYSプレミアム」に入会すると、参加している6誌の最新号と前号を読むことができる。

ポイントを使って「コミックDAYSストア」から漫画を1話単位で購入することも可能だ。プレリリースに先立って公開された「コミックDAYS」編集部ブログによると、書店員による「人力オススメ機能」も充実させたという(外部リンク)。

紙の雑誌とは異なる部分もある。漫画では「バガボンド」や「レベレーション(啓示)」、そのほか一部の記事やグラビア・袋とじなどは配信されない。また、『月刊ヤングマガジン』や『モーニング・ツー』などの増刊雑誌は読み放題に含まれていない。

Web開発ははてな、アプリ開発はグッドパッチが担当している。

現在行われているキャンペーンも太っ腹だ。「ザ・ファブル」10話まで、「ヴィンランド・サガ」22話まで、「波よ聞いてくれ」8話までといった具合に、読み応え抜群の人気作品が無料公開されているため、気になっている漫画を試し読みできる機会としても利用できる。

出版社主体の取り組みに注目

電子書籍周りのサービスとしては、NTTドコモが2014年に始めた電子雑誌の読み放題サービス「dマガジン」の好調がこれまでたびたび報道されている。

それまでにも類似サービスは多々あったもののそこまで振るわない中、「dマガジン」は半年で会員数が100万人に上り、2016年には300万人を突破したことなどが発表された。

同サービスの普及は、不況と言われて久しい出版界にあって大きく貢献している。おかげで売り上げが増加したとする雑誌も多く、日本ABC協会が発表している「雑誌レポート」によると、紙での販売部数を電子での販売部数が上回る『AneCan』や『SPA!』といった雑誌も2015年時点で確認できる。

好調が続いてきた「dマガジン」だが、実は全国出版協会の発表した2017年の出版市場レポートの中では、推定販売金額について“電子雑誌はNTTドコモの定額制雑誌読み放題サービス『dマガジン』の会員数減少に伴い伸び率は鈍化しました”と報告されている(外部リンク)。

あくまで伸び率が「鈍化」しただけで、2017年の電子出版市場全体でも電子雑誌だけでも前年比10%以上の増加傾向にある。

他にも、例えばワニマガジン社らが設立に携わって2017年にリリースされた成人向け漫画読み放題サービス「Komiflo」といった、出版社主体のサービスが生まれている。 出版不況は、旧態依然とした出版社自身が招いたという言説も根強い。「コミックDAYS」の編集部ブログでも出版不況に触れながら“私たち出版社の人間が「やれることをやれていなかったから」だと思っています”と語っている。

その上で、出版社としてもっとやれることがある、漫画はもっと盛り上がるポテンシャルを持っているとして、“なので「コミックDAYS」は「やれること」をやっていきます”と決意表明を綴る(外部リンク)。

既存のプラットフォームだけに頼るのではなく、出版社も現在、さまざまな形で電子書籍の可能性を模索している。

電子書籍を巡る事件簿

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「コミックDAYS」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 14

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ