講談社『イブニング』休刊 モテキ、いぬやしきなどを生んだ漫画誌

講談社『イブニング』休刊 モテキ、いぬやしきなどを生んだ漫画誌
講談社『イブニング』休刊 モテキ、いぬやしきなどを生んだ漫画誌

最新号の『イブニング』2023年2号/画像は『イブニング』公式サイトから

講談社の漫画誌『イブニング』が休刊になることが発表された。最終号は、2023年2月28日(火)発売の同誌6号になる。

公式サイトでは、3月以降に同誌編集部が漫画誌『モーニング』の編集部に合流すること、複数の作品が講談社の漫画アプリ「コミックDAYS」に移って連載を継続する予定であることが発表されている。

『イブニング』編集部「誠にありがとうございました!」

公式サイトではそのほか、『モーニング』から派生して創刊された『イブニング』の歴史をたどりつつ、「才能あふれる作家の皆さまと漫画作品を発信できたこと、読者の皆さまと様々な形で交流できたことは、これ以上ない喜びでした。誠にありがとうございました!」と挨拶。

「引き続き、各作品に対するご愛顧を平にお願いする次第です。あと残り4冊の刊行となりますが、読者の皆さまの22年にわたるご愛願、編集部一同、心より御礼申し上げます」と読者への感謝を綴っている。

『いぬやしき』『モテキ』などが連載されていた『イブニング』

『イブニング』は、『モーニング』の増刊である『モーニング新マグナム増刊』を経て、2001年に創刊された漫画雑誌。2003年に『モーニング』編集部から『イブニング』編集部が独立し、月2回刊行の漫画誌となった。

これまでに『いぬやしき』『累 -かさね-』『モテキ』『もやしもん』『よんでますよ、アザゼルさん。』『軍鶏』などの人気作品を輩出。現在も『少女ファイト』『ふたりソロキャンプ』などが連載されている。

なお、『少女ファイト』を連載中の日本橋ヨヲコさんのTwitter投稿によると、同作の正式な移籍先として「コミックDAYS」での掲載は継続されるという。

しかし、すべての連載中作品に対して同様の対応が取られるかはまだ明らかになっていない。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

様々な漫画連載の形

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ