8

漫画『忍者と極道』が連載再開&全話無料「幻想(ユメ)」じゃねぇよな…!?

漫画『忍者と極道』が連載再開&全話無料「幻想(ユメ)」じゃねぇよな…!?

『忍者と極道』/画像はAmazonより

POPなポイントを3行で

  • 近藤信輔の漫画『忍者と極道』連載再開&無料公開
  • 「このマンガがすごい!」で第8位にランクイン
  • バイオレンスなバトルと外連味たっぷりなセリフ
講談社の漫画アプリ「コミックDAYS」で連載中の漫画『忍者と極道』が、作者である近藤信輔さんの休養を経て連載を再開。

これに伴い、4月12日(月)12時まで先読みの51話を除く全話が無料公開された(外部リンク)。

バトル、セリフ、キャラクターすべてが偉大ェ(パネェ)『忍者と極道』

『忍者と極道』は、「このマンガがすごい!」の「2021 オトコ編」で第8位に選出された人気漫画。同賞では「忍者と極道 血しぶきと生首が乱舞する殺し愛!」と紹介されている。

生首が飛び交うバイオレンスな格闘シーンと、「驚愕ェ(パネェ)」「心底有難ッス(マジアザッス)」といった独特なセリフ回し、強烈で濃密なキャラクターたちが織り成す外連味たっぷりの漫画だ。

オレ達の“黄金時代”(オウゴン)が還って来る!

作者・近藤信輔さんが2月から休養に入ったことで、連載が中断していた『忍者と極道』。

しかし、休止期間中も『忍者と極道』の火を絶やさないようにと無料公開キャンペーンなどが行われ、担当編集・ファンが一丸となり作品を盛り上げ続けていた。 そして今回、近藤さんが休養から復帰し、連載が再開された。

この状況は、劇中で不良たちのカリスマである暴走族神(ゾクガミ)が復帰し、大人になりきれない悪童(ワルガキ)たちを誘い、忍者たちに大抗争を仕掛けた「暴走族神編」とオーバーラップ。

公式やファンたちもかつての不良たちが暴走族神の帰還に歓喜するシーンになぞらえたツイートで祝福をした。 『忍者と極道』は、大興奮の「暴走族神編」を経て、新たなる刺客・ガムテと社会に何かを奪われた「割れた子供達(グラスチルドレン)」たちの仕掛ける戦いも盛り上がりを増している。

今、『忍者と極道』を読まない手はないだろう。

”強請(オネダリ)”…いいスか?

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ