423

最新ニュースを受け取る

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』劇場アニメ化 監督は奇才・湯浅政明

画像は映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイトのスクリーンショット

森見登美彦さんによる人気小説『夜は短し歩けよ乙女』(よるはみじかしあるけよおとめ)の劇場版アニメが、2017年4月7日(金)に全国公開される。

監督は、同じく森見登美彦さんによる『四畳半神話大系』や、松本大洋さん原作『ピンポン』のTVアニメなどを手がけた奇才・湯浅政明さん。

キャラクター原案は、原作のイラストを担当した中村佑介さん。

そして、脚本は上田誠(ヨーロッパ企画)さん、主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATION、音楽は大島ミチルさんという、『四畳半神話大系』のクリエイターが集結する形となった。

さらに、主人公の「先輩」を、俳優・シンガーソングライターの星野源さんが声優として単独初主演をつとめる。

森見登美彦の大ベストセラー『夜は短し歩けよ乙女』

『夜は短し歩けよ乙女』は、京都を舞台に描かれる青春恋愛小説。第20回山本周五郎賞など、数々の賞を受賞し、累計売上120万部を超えるベストセラー作品だ。

後輩である「黒髪の乙女」に想いを寄せる主人公の「先輩」。そして2人を待ち受ける個性豊かなクセ者たちと珍事件が描かれる。

今回の劇場版アニメが初の映像化となり、森見登美彦さんとしても自身の作品の映画化は初となる。

『夜は短し歩けよ乙女』特報映像も

発表と同時に1分程度の特報映像も公開された。

切り絵のような作画表現など、短いながら原作の持つファンタジックな世界観を取り入れた映像となっているのがわかる。

斬新な表現と構成から高く評価され、文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門でTVアニメ史上初となる大賞を受賞した『四畳半神話大系』のスタッフによる最新表現に期待がかかる。

星野源、湯浅政明、森見登美彦のコメントも

先輩役:星野源
湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。
お会いしたこともないのになぜ?と思いながら封を開けると『星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります』と直筆にてオファーの言葉がありました。
映画『マインド・ゲーム』を見た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。“先輩”役、とても楽しみです。何卒よろしくお願いします。 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイトより

監督:湯浅政明
森見登美彦先生の御長女『夜は短し歩けよ乙女』待望のアニメ映画化です!
『四畳半神話大系』のスタッフが再び集結して張り切って制作いたしました!映画はタイトル通り、乙女が一晩歩き続けながら進行します!
森見先生が構想しながら使わなかったアイデアも実現!以前読んだ時は気づかなかった、思わぬキャラクターの関係も読み解きました!
先輩の声を、なんと星野源さんが担当という事も皆が張り切る理由に!!
面白いこと請けあいなので、ぜひ劇場でご覧になってください!! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイトより

原作:森見登美彦
これまでの長い紆余曲折を振り返れば感無量。
湯浅監督をはじめ関係各位のご尽力に深く感謝しつつ、『黒髪の乙女』と銀幕で出会える日を楽しみにしております。映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイトより

こんな記事も読まれています

作品情報

映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト

キャスト 先輩:星野源
原作 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)
監督 湯浅政明
脚本 上田誠(ヨーロッパ企画)
キャラクター原案 中村佑介
音楽 大島ミチル
主題歌 ASIAN KUNG-FU GENERATION
制作 サイエンスSARU
製作 ナカメの会
配給 東宝映像事業部<

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する。
春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。
京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆく。
外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「森見登美彦」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 82

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ