159

最新ニュースを受け取る

MVに仕掛けられた遊び

KLOOZ 佐藤さき 及川佑介 SEASONS ──一部で話題になっていましたが、「Find You」の映像中に流れるURLにアクセスすると冒頭の佐藤さんのインタビュー部分のテスト版がダウンロードできるようになってますよね?

KLOOZ 見た人が本当に何かダウンロードできるのか期待してアクセスする人もいるんじゃないかと思って、ちょっとした遊びを入れてみました。

及川 ドキュメンタリーだから現実の世界とMVの世界のリンクみたいな、そういう遊びも仕掛けられたらと思って、これ以外にも「Find You」の最後のほうで、さっちょがWebサイトのモデルのお仕事で着ていた服を、自分でサイトから購入して終わるんですけど、2作目の「You Are…」のMVでは、実際にその服を着てドライブに遊びに行ってるみたいな、誰も気づかないようなうっすらとした仕掛けも実は盛り込んでいます。

KLOOZ えー!? そこはぼくも気づかなかった! KLOOZ SEASONS 佐藤さき 及川 実はさらに言うと、「You Are…」の冒頭で無音の中その服を着たさっちょが立っているシーンでは、服に書かれている「TRUE OR LIES」という文字がはっきり見えるようにしているんです。これは「嘘か本当か」ということを表現していて、今回のドキュメンタリーは、全てが完全なるノンフィクションではなくて、たとえば「You Are…」では、あそこにさっちょが行ったら面白そうだなっていうのを想像してロケ地を決めたりしていました。だからドキュメンタリーとフィクションの間の映像作品ということもあって、それにぴったりな表現の服をたまたまさっちょがモデルの仕事で使ってたので「You Are…」で着てもらいました。
KLOOZ "You Are... (Prod. by grooveman Spot)"
佐藤 そういう意味で使ってたとは知らなかったです!

KLOOZ 全然ぼくも気づかなかった…。

──そのあと1月に公開された3作目の「Lack of Communication」で、はじめてKLOOZさんがライブをしている形で出演されましたよね。元々、毎回出演される気はなかったのでしょうか?

KLOOZ 今回の「3ヶ月連続映像配信企画」のMVは、さっちょのドキュメンタリーなので、とにかくさっちょの自然体な仕草や普段は見せない表情などの魅力を3つのMVを通して伝えたいと思ってました。だからあくまでぼくはさっちょのドキュメンタリーに対するBGMのような要素としてありたかった。

「Lack of Communication」では、たまたまさっちょが普段からDJをしてることもあって、その活動にフォーカスを当てていたので、ライブという形で出演しました。
KLOOZ "Lack of Communication (Prod. by grooveman Spot)"
──佐藤さんは「Lack of Communication」の撮影で、KLOOZさんのライブをはじめて見られたんですよね?

佐藤 はい、本当にはじめてですね。HIP HOP系のライブに行ったことがなかったので、見ていてすごく緊張しました。 KLOOZ 佐藤さき 及川佑介 SEASONS ──ではHIP HOPに触れられたのもKLOOZさんがはじめてだったんですね。

佐藤 そうです。最初はKLOOZさんのことも、HIP HOPのアーティストというだけで、イケイケで怖いイメージがあって…。

KLOOZ わかる(笑)。HIP HOP的な「ウェーイ↑↑↑」みたいな感じでしょ(笑)。

及川 HIP HOPのイメージ(笑)。

佐藤 だからKLOOZさんに打ち合わせでお会いするまでは怯えてました(笑)。でも実際にお話してライブも見させてもらって、怖いイメージも取れたので、もっとHIP HOPを聞いてみようと思いましたね。DJをやっているので、私の中の音楽の幅も広がりました。

【次のページ】コンセプトミニアルバム『SEASONS』に込められた思い
1
2
3

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「KLOOZ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 70

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ