691

弐瓶勉『BLAME!』劇場アニメ化 制作は「シドニア」ポリゴンピクチュアズ

弐瓶勉『BLAME!』劇場アニメ化 制作は「シドニア」ポリゴンピクチュアズ

『BLAME!』第1巻 新装版

TVアニメでも人気を博した『シドニアの騎士』などで知られる弐瓶勉さんの漫画『BLAME!』(ブラム!)が劇場アニメ化されることが、弐瓶さんのTwitterで発表された。

アニメーション制作は、『シドニアの騎士』と同じくポリゴン・ピクチュアズが担当する。

ハードSFの金字塔『BLAME!』

『BLAME!』第1巻

『BLAME!』は、1997年から2003年まで月刊漫画誌『アフタヌーン』で連載されていたハードSF漫画。

極限まで発達したインターネット世界を舞台に、「感染前」の「ネット端末遺伝子」を求め何千フロアもの超構造体をさまよう探索者・霧亥(キリイ)やヒロイン・シボたちの姿を描く。

1995年にアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞した短編作品『BLAME』の世界設定がベースとなっており、弐瓶勉さん初の連載作品ながらも、独自の世界観と描写で多くのファンやクリエイターの注目を集めた。

「BLAME! 端末遺構都市」 特別映像 The Ancient Terminal City PV

2015年4月から7月に放送されたTVアニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』では、本作を題材とした『BLAME! 端末遺構都市』が劇中劇として放送され話題となったが、連載終了から10年以上を経てついに劇場アニメ化を果たすことに。長年のファンからは歓喜の声が上がっている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

437
237
17
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ