47

「Google Play Music」突如日本に上陸! 最大5万曲をクラウドに保存可能

「Google Play Music」突如日本に上陸! 最大5万曲をクラウドに保存可能

「Google Play Music」/動画のスクリーンショット

9月3日(木)、Googleの定額制音楽配信サービス「Google Play Music」が、国内でも提供開始されたことが突如発表された。

月額980円で、国内外のメジャー・インディーズの音楽レーベルが提供する3,500万曲以上の楽曲を、無制限で視聴することができる。

サービス開始にともない、曲やアルバム単位で楽曲を購入できるストアもオープン。また、CDやiTunesなどで購入した音楽を5万曲までクラウド上に保存できる無料サービスも公開された。

ようこそ Google Play Music へ。

音楽配信サービス・オンラインストア・クラウドサービスを提供

Google play アプリページより

「Google Play Music」は、世界60カ国で展開されている大手音楽配信サービス。お気に入りの音楽を視聴することはもちろん、通勤中やドライブ中に聴きたい音楽といった、ユーザーの好みやシチュエーションに応じたプレイリストも提供される。

また、利用すればするほどユーザーの好みを学習し、アルゴリズムによってその人に合った音楽を紹介するレコメンデーション機能も搭載されている。

本サービスは、スマートフォンやタブレット端末のアプリや、PCのブラウザ上から利用することができ、ダウンロードした楽曲はオフラインでも再生することができる。

登録後の最初の30日間は無料で試用することができるほか、10月18日(日)までに申込むと、月額780円となる特別プランが適用される。

「LINE MUSIC」や「AWA」「Apple Music」といった定額制音楽配信サービスが続々と登場するなか、音楽配信サービスに加えてオンラインストア、クラウドサービスと3つのサービスを一挙に提供開始したGoogle。今後、日本の音楽市場にどのような影響を与えていくのか、その行方が気になるところだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

21
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ