「ジブリの大博覧会」愛知で開催 ナウシカからマーニーまでの30年を辿る

「ジブリの大博覧会」愛知で開催 ナウシカからマーニーまでの30年を辿る
「ジブリの大博覧会」愛知で開催 ナウシカからマーニーまでの30年を辿る

「ジブリの大博覧会」/愛知県Webサイトより

スタジオジブリの作品とともにその歴史を振り返る「ジブリの大博覧会」が、9月12日(土)から11月8日(日)にかけて、愛知県の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて開催される。

本展は、愛知万博「愛・地球博」開催10周年を記念し、愛・地球博記念公園にて開催される「第32回全国都市緑化あいちフェア」における特別企画展。

1984年上映の『風の谷のナウシカ』から、2014年に公開された最新作『思い出のマーニー』まで、スタジオジブリが歩んできた30年間の歴史を、「思い出のマーニー×種田陽平展」と「ジブリの大博覧会展」の2つの展示を通してたどる。

「サツキとメイの家」入場券とのセット券も!

「思い出のマーニー×種田陽平展」/特設ページより

地球市民交流センター体育館にて開催される「思い出のマーニー×種田陽平展」は、2014年7月から9月まで江戸東京博物館にて開催され、この4月から6月にかけて、愛媛県美術館にて巡回展が行われた展覧会。

『思い出のマーニー』の美術監督・種田陽平さんにより、物語の世界が実写映画セットのように再現された体験型展覧会となっている。

また、愛・地球博記念館 ギャラリー3にて開催される「ジブリの大博覧会展」では、ポスターやチラシのほか、制作資料や企画書といった未公開資料も含めた3,000点近くの貴重な資料が一挙公開される。

前売り券は、7月18日(土)より各プレイガイドにて販売される。また、愛知万博で公開され好評を得た、『となりのトトロ』に登場する家を再現した「サツキとメイの家」入場券とのセット券の抽選受付も、ローソンチケットにて7月19日(日)まで行われている。

詳しいイベント情報などは、今後特設ページや公式Twitterにて随時発表される。本展は今後、愛知を皮切りに全国巡回を予定しているようだ。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

イベント情報

ジブリの大博覧会

会場
「思い出のマーニー×種田陽平展」 地球市民交流センター体育館
「ジブリの大博覧会展」 愛・地球博記念館 ギャラリー3
会期
2015年9月12日(土)~11月8日(日)
開館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
入場料
当日:一般1,000円、高大生700円、4才〜中学生500円
前売:一般800円、高大生500円、4才〜中学生300円
「思い出のマーニー×種田陽平展」、「ジブリの大博覧会展」両展がご覧いただけます。
(両展を別々の日に見ることはできません。同一日にご観覧ください。)
※30名以上の団体は、当日料金より100円引き。 ※3才以下無料。
※高校・大学生は学生証の提示が必要。
※身体障害者手帳などご持参の方は当日料金の半額(要証明書、付添人2人まで適用)。
※リニモカード・リニモ一日乗車券、または名古屋市交通局のドニチエコきっぷ・
一日乗車券を利用して来場された方は100円引き。
※各割引制度の併用はできません。
問い合わせ
中日新聞社社会事業部 TEL052-221-0955(平日10:00〜18:00)

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ