7

西尾維新「<物語>シリーズ」の入門編が発売! 『終物語』詳細も判明

「化物語 [入門編]」

過去のアニメ化、現在も続々とアニメ化が進んでいる作家・西尾維新さんが描く大ヒット小説『<物語>シリーズ』。その中からシリーズ第1作目収録、第1話となる「ひたぎクラブ」をフィーチャーした『<物語>シリーズ』入門に最適の1冊「化物語 [入門編]」が9月14日(土)より、全国のセブンイレブン、ローソンにて発売されることが分かった。

さらに、同シリーズのファイナルシーズン第3部『終物語』が、上下分冊で刊行されることも『別冊少年マガジン10月号』により明らかになった。2013年10月下旬に上巻が、2013年内に下巻が刊行される。

書き下ろしの短々編「ひたぎコイン」も収録

「化物語 [入門編]」では、シリーズ第1弾「化物語」収録のキャラクター・戦場ヶ原ひたぎをメインヒロインにしたエピソード「ひたぎクラブ」、そして、同シリーズの第11弾「暦物語」収録の「ひたぎクラブ」の翌日を描いた主人公・阿良々木暦がメインのエピソード「こよみフラワー」が収録されている。さらに、西尾先生書き下ろしの短々編「ひたぎコイン」が収録されることも明らかになっている。

なお、価格については公式から具体的な発表がないため、不明となっているが、Amazonでは580円となっている。

『終物語』は分厚すぎることから上下分冊

同シリーズのフィナーレを飾るファイナルシーズンの第3部となる『終物語』。9月に発売された『別冊少年マガジン10月号』では、『終物語』に収録される第1話となるエピソード「おうぎフォーミュラ」がいち早く掲載。漫画雑誌にも関わらず、41ページにわたり掲載されたことでも話題になった。そこで明らかになったのが冒頭で前述した上下分冊での刊行だ。

誌面によると、分厚すぎることが理由で分冊されるようで、2013年10月下旬刊行予定の上巻には、第1話「おうぎフォーミュラ」、第2話「そだちリドル」第3話「そだちロスト」。そして、2013年内刊行予定の下巻には第4話「おうぎダーク」が収録されることも分かった。

ちなみに『終物語』のあとには、ファイナルシーズン第4部、そして最終巻だと予想されている「続終物語」が控えている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「化物語」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ