安野モヨコ「監督不行届」アニメ化!? 庵野秀明との夫婦生活描く

「監督不行届」アニメ化 特設ページより

マンガ家・安野モヨコさんの「監督不行届」アニメ化プロジェクトが始動したことがわかった。安野さんの夫であるアニメ監督・庵野秀明さんとの夫婦生活を綴ったエッセイマンガとして人気を博している本作だけに、アニメ化の発表が話題を呼んでいる。

安野・庵野夫妻を描いた抱腹絶倒のエッセイマンガ

安野モヨコさんは、「ハッピー・マニア」「働きマン」「さくらん」など、数々の大ヒット作品を生み出しているマンガ家。過去にはアニメ化やテレビドラマ化、映画化などを果たしてきた作品群は、男女問わず人気を博している。

2002年3月に、「新世紀エヴァンゲリオン」などを手がけてきたアニメ監督・庵野秀明さんと結婚。庵野さんが結婚して「身も心も変わった(身は痩せて、心は丸くなった)」と言われるようになったほど、円満な夫婦生活を続けている。現在、安野さんは、庵野さんが代表取締役社長をつとめるアニメ制作会社・カラーの取締役としても名前を連ねている。

「監督不行届」

同年、女性向けマンガ誌『フィール・ヤング』にて、愉快な夫婦生活をおもしろおかしく描いたエッセイマンガ「監督不行届」を2004年末まで不定期連載した。その後、庵野さんのインタビューや作中に登場するオタク用語の解説を加えて単行本化されている。

お互いがそれぞれの分野で第一線で活躍するクリエイターであると同時に夫婦でもある2人の日常生活への好奇心や、筋金入りのオタクで天然キャラの庵野さんに徐々に感化され、安野さん自身もオタクになっていく様をはじめとしたコミカルな展開から、「監督不行届」はいまだに人気が高いエッセイマンガだ。

その「監督不行届」が、連載から実に10年以上の時を経て、アニメ化プロジェクトが始動するとのことで話題となっている。

制作は、FLASHアニメ「秘密結社 鷹の爪」シリーズの制作などを手がけてきたDLEがつとめる。現在、特設ページも公開されている。

ページでは「新プロジェクト始動」とされているが、2月14日に行われた「秘密結社 鷹の爪」関連イベントにて、監督のFROGMANさんがアニメ化について口にしたという。詳細はまだ明らかになっていないが、いつどのような形でアニメ化されるのか、ファンは動向に注目している。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

Tweet
Share
Bookmark
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?