KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

伴名練

はんな れん

伴名練は、日本の小説家。兼業で覆面作家。


1988年生まれ、高知県出身。大学在学中に応募した「遠呪」にて、角川書店主催の第17回日本ホラー小説大賞の短編賞を受賞。2010年、『少女禁区』と改題して刊行され、作家デビューを果たす。


代表作に2019年刊行の傑作集『なめらかな世界と、その敵』がある。2022年、文庫化される。


古今東西の埋もれてしまっている作品を世に問い直すべく、傑作アンソロジー「日本SFの臨界点」を自ら編集し、すでにシリーズは5巻を数える。

伴名練

伴名練とは

小学生時代から世界中、古今東西のSF作品に耽溺していたことが明かされている。

京都大学文学部卒。在学中より第4期京都大学SF研究会に所属。

2010年、大学在学中に応募した「遠呪」にて、角川書店主催の第17回日本ホラー小説大賞の短編賞を受賞。同年10月、受賞作に改題・改稿を施した「少女禁区」に、書下ろしの近未来SF中編「Chocolate blood, biscuit hearts.」を併録した『少女禁区』(角川ホラー文庫) で作家デビューした。

2019年8月、9年ぶりに小説集『なめらかな世界と、その敵』を刊行。デビュー以来、商業での新作執筆はほぼなかったものの、同人誌などに寄稿していた作品を編纂した作品集となった。

2022年には『なめらかな世界と、その敵』が文庫化される。

名前の由来

伴名練というペンネームは1930〜50年代にかけて活躍したハンナ・アーレント(ドイツの哲学者)を連想させるが、本人はインタビューで否定している。特別な意味は込められているようだが、2022年現在も明かさせていない。

デビュー作から2作目の著作となる『なめらかな世界と、その敵』刊行まで9年の歳月が経っているが、その理由は作者の就職だという。

似たようなキーフレーズ

武田綾乃は、日本の小説家。代表作に『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽へようこそ』がある。

野崎まどは、日本の小説家。東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒。男性。小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者。『know』で第34回日本SF大賞にノミネート。...

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

記事アクセスランキング

本・文芸

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ