KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

MAKAとは、栃木県出身のレゲエDeejay・バトルMC。1994年生まれ。


レゲエのフロウやエッセンスを織り交ぜた即興で編出すフリースタイルを武器に、MCバトルシーンで存在感を放っている。中でも、鎮座DOPENESSとのセッションのような一戦は話題を呼んだ。


また、MCバトル大会の司会としても活躍している。2021年には自身のYouTubeチャンネルを開設し、MCバトルの開設動画などをあげている。

MAKA

概要

MAKAとは、栃木県出身で八王子在住のレゲエDeejay・バトルMC。1994年生まれ。

レゲエのフロウやエッセンスを織り交ぜた即興で編出すフリースタイルを武器に、MCバトルシーンで存在感を放っている。また、MCバトル大会の司会としても活躍している。

2021年より、YouTuberとして活動を行なっている。

経歴

元々はレゲエに憧れていたが、地元・栃木県足利にレゲエの現場がなかったため、周囲のヒップホップ勢に混じりながら活動をしてきた。

そのため、レゲエの縦文化に触れずに育ったてきたと語っている。

地元の後輩と遊びでフリースタイルをしていたところ、戦極MCBATTLEに声がかかり出場。そのまま、MCバトルシーンで名が広まる。

鎮座DOPENESSとの伝説的な試合

戦極MC BATTLE 第22章では、フロウの変態と絶大な支持を持つ鎮座DOPENESSと戦った。

MAKAが小節を間違えたことで、16小節4本でのバトルで進行となるが、シーンの歴史に残る試合となった。MAKAは、この大会でリザーバーとして出場だった。

双方のラップ合戦は、MAKA先行で開戦。鎮座DOPENESSに高校時代から憧れて聞いてたMAKAは、緊張しながらも全身全霊で挑む心意気だった。結果、DJのスクラッチが聞こえずに8小節をはみ出て16小節に至った。

そんな彼の並々ならぬバイブスに答える鎮座DOPENESS。試合はヒートアップしながらも、多彩なフロウやビートアプローチで、試合というよりセッションという言葉がふさわしい一戦として、話題を呼んだ。

2021年8月には、自身のYouTubeチャンネルを始動。この一戦について、MCバトルノ知識がない人でもわかりやすい解説動画をあげている。

関連動画

似たようなキーフレーズ

同じカテゴリーのキーフレーズ

ストリート

記事アクセスランキング

ストリート

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ