僕のヒーローアカデミア

ぼくのひーろーあかでみあ

週刊「少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平さんによるアクションコミック。まだ既巻6巻にも関わらずTVアニメ化も発表され、読者はアニメ化を喜ぶ一方で、「さすがに早すぎるのではないか」という懸念の声も噴出している。

『僕のヒーローアカデミア』とは?

2014年から、堀越耕平さんによって週刊「少年ジャンプ」で連載されている、アクションコミック。

作者は、もともと『逢魔ヶ刻動物園』や『戦星のバルジ』を同誌で連載していたが、連載は鳴かず飛ばずのうちに終了。

そこで、満を持して連載開始した『僕のヒーローアカデミア』が大ヒット。

アメコミ調の作画で描かれる個性的なヒーロー、力だけではない各人の能力を活かした創意工夫あふれるバトル描写、そして一見臆病で弱っちく見える主人公が勇敢に悪と立ち向かう王道少年マンガ展開。

すべてが噛み合って、今最も注目を集める少年マンガの一つに数えられている。

『僕のヒーローアカデミア』は、ダ・ヴィンチとniconico主催の「次にくるマンガ大賞 2015」では、「これから売れて欲しいマンガ」部門の第1位に選ばれている。

アニメ化の発表、読者の懸念

2015年11月には、放送時期は未定ながら、『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ化も発表された。

監督は、『ガンダムビルドファイターズ』監督や『血界戦線』絵コンテなどを手がけた長崎健司、シリーズ構成は、同じく『ガンダムビルドファイターズ』や『ハチミツとクローバー』のシリーズ構成を手がけてきた黒田洋介、そしてキャラクターデザインは、『おジャ魔女どれみ』シリーズのキャラクターコンセプトデザインなどで知られるベテラン・馬越嘉彦がつとめる。アニメーション制作はボンズだ。

まだ既巻6巻にも関わらずTVアニメ化も発表され、読者はアニメ化を喜ぶ一方で、「さすがに早すぎるのではないか」という懸念の声も噴出している。

ただし、ネット上で検証されている通り、同じジャンプ作品の『HUNTER×HUNTER』(1999年版)が54話で、『ワールドトリガー』が62話で、『バクマン。』が66話でアニメ化発表された事例を鑑みれば、65話でアニメ化が発表された『僕のヒーローアカデミア』も「アニメ化発表が早い方」であるのは間違いないが、異例の早さというわけではない。

いずれにしろ、どの規模の尺でやるのか(深夜帯の限定話数でやるのか、朝か夕方のロングスパン放送でやるのか)などによって、読者が心配している懸念点の一つである「原作に追いついてしまう」あるいは「アニメの影響で原作が本来あるべき形から歪んでしまう」可能性も否めないのもまた事実である。

上記のような背景から、良くも悪くもアニメ化がにわかに注目を集めている。

似たようなキーフレーズ

漫画タウンは、無料で漫画・雑誌を掲載しているビュアーサイト。海賊版サイトととして議論を巻き起こしたサイト「漫画村」の後継サービスだと見られている。

『星色ガールドロップ』とは、大川ぶくぶによるラブコメディ作品。同氏による漫画『ポプテピピック』2ndシーズンの前フリ漫画企画にすぎなかったが、その後アニメ化。アンソロジーコミックも発売された。...

少女終末旅行とは、つくみずさんの初オリジナル作品。Web漫画サイト「くらげバンチ」で2014年2月から連載されていたが、2018年1月全42話で完結した。全6巻。2017年にはWHITE FOX制作でTVアニメ化もした。...

ULTRAMANとは、原作:清水栄一、作画:下口智裕による日本の漫画作品。『月刊ヒーローズ』創刊号より連載中。単行本の累計発行部数は240万部を突破している。

『ブレンド・S』とは、中山幸による4コマ漫画作品。『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて2013年10月号から11月号にかけてのゲスト連載を経て、2014年3月号から連載が開始された。2017年10月よりテレビアニメが放映開始された。...

がっこうぐらし!(SCHOOL-LIVE!)は、原作海法紀光、作画千葉サドルによる漫画。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2012年7月号より連載中。2015年7月から9月までテレビアニメが放送された。...

『それはただの先輩のチンコ』とは、阿部洋一による漫画作品。 2017年4月8日、無料Web漫画サイト「リイドカフェ」(リイド社)に掲載され、SNSなどで反響を呼んだ。 2017年10月31日より、「Ohta Web Comic」(太田出版)にてシリーズ連載化。毎月末...

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 1810日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ