与沢翼

よざわつばさ

与沢翼は、「秒速で1億円を稼ぐ」をキャッチコピーに、“ネオヒルズ族”としてかつてテレビなどでもたびたびお茶の間にその姿を見せてきた起業家。


当時は情報商材などを販売するインターネットビジネスで財をなしていたが、その後破産。


シンガポールに渡って、投資家として再び復活を果たす。現在は、ドバイに豪邸を構え、妻と子供と共に暮らす。近年は仮想通貨への投資を積極的に手がけている。

与沢翼とは?

実態のない情報商材を販売するなど、グレーなビジネスに手を染める一方、破天荒な発言や恰幅の良い見た目の強烈なインパクト、六本木ヒルズに暮らす若手起業家として“ネオヒルズ族”などと呼ばれ、2013年頃から徐々にメディア露出が増えていった。

人気漫画『闇金ウシジマくん』でも「フリーエージェントくん」編に登場する「天生翔」というキャラは、与沢翼に取材して彼をモデルに描いたと、作者の真鍋昌平も語っている(外部リンク)。

当初から、情報商材ビジネスについては警鐘が鳴らされ多くの批判的な意見も集まっていたが、テレビにも出演するようになった与沢翼は、名前が知られれば知られるほど彼の情報商材が売れるため、ビジネス的にも右肩上がりだったように見えていた。

2013年には自ら雑誌『ネオヒルズジャパン』を創刊し、人気も絶頂と思われた最中、2013年に傷害で書類送検、2014年には突然の破産申告など、大きな挫折を経験。

しかしそこで終わらず、現在はドバイに豪邸を構え、妻と子供と生活しながら投資家として活動。仮想通貨事業などへの投資で再び返り咲いている。

また、2018年6月にはダイエット宣言をし、2ヶ月で20kgという減量に成功。見た目の変貌も大きく、話題を集めている。

同じカテゴリーのキーフレーズ

情報化社会

更新日: 835日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ