『ジョジョ』荒木飛呂彦のパブリックアート、大阪駅の新駅ビルに設置

『ジョジョ』荒木飛呂彦のパブリックアート、大阪駅の新駅ビルに設置
『ジョジョ』荒木飛呂彦のパブリックアート、大阪駅の新駅ビルに設置

アート制作中の荒木飛呂彦さん

  • 7 images

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦さんが、大阪駅西側地区アートプロジェクト(仮称)に参加することが発表された。

かつて大阪駅のシンボルとなっていた「噴水小僧」をテーマに、自身初挑戦となるパブリックアートを制作。

完成した作品は、7月31日(水)に開業する、大阪駅の新駅ビル・イノゲート大阪に設置される。

大阪駅の西側をアートで染めるプロジェクト

大阪駅西側地区アートプロジェクト(仮称)は、複数のクリエーターがパブリックアートを制作するプロジェクト。

大阪駅の西側エリアに多様なアート作品を展示し、大阪駅を訪れる多くの人々に日常的なアート体験の場を提供。大阪の文化やビジネスの発展、イノベーションの創出に繋げることを目指している。

荒木飛呂彦さんが制作したアート

大ヒット漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦

荒木飛呂彦さんは、宮城県仙台市生まれの漫画家。1980年に集英社主催の第20回手塚賞にて、『武装ポーカー』で準入選受賞を果たした。

1986年に『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートした『ジョジョの奇妙な冒険』は、読者から絶大な支持を獲得。

2023年2月より『ウルトラジャンプ』にて、シリーズ第9部となる『The JOJOLands』を連載している。

そんな荒木飛呂彦さんが本プロジェクトにおいて手がける作品は、大阪駅2代目駅舎の時代から103年にわたり展示されていた、かつてのシンボル「噴水小僧」をテーマとしている(現在は京都鉄道博物館にて保管)。

この「噴水小僧」をテーマとした作品は、大阪駅の持つ歴史・伝統を象徴するものになる。

そのため、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ作品で、歴史を受け継ぎながら生き抜く主人公たちを描いてきた、荒木飛呂彦さんこそ相応しいとして制作が依頼された。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ