37

【初心者編】「Ingress」のニコ生ゲーム実況をやって学んだこと 用語解説付

【初心者編】「Ingress」のニコ生ゲーム実況をやって学んだこと 用語解説付

「Ingress」生配信中の筆者

こんばんは。KAI-YOU(カイユウ)のよしだと申します。KAI-YOUでは、ディレクターとして記事を書いたりニコニコ生放送やったりとか色々してます。よろしくお願いします!

今回なぜこうして登場したかというと、先週の金曜日・8月29日から、niconicoが提供する動画配信サービス・ニコニコ生放送で、「Ingress」というアプリのゲーム実況をはじめたからです。

この連載「Ingressをゲーム実況してみた」では、ニコニコ生放送を通して、視聴者のみなさんから教えてもらった情報など、「Ingressに関する情報を備忘録としてまとめていきたいと思います。

「Ingress」は大体が英語なので、ダウンロードしても中々はじめられない方が多いと思います。今回は、そんな方々の入り口になればとっても幸いです。記事の最後には、ちょっとした専門用語の解説も入れておいたので、プレイの参考になれば嬉しいです。

Googleが開発した無料アプリ

Ingress - It's Time To Move

「Ingress(イングレス)」はGoogleの社内ベンチャー、社内で独立してる企業のような部門・Niantic Labsの人たちが開発した、スマートフォン向けの無料ゲームアプリです。有名人だと伊集院光さんや、パズルゲーム「ぷよぷよ」の生みの親である米光一成さんがプレイしているみたいです。

アプリ内の課金はないのですが、しいて言えばリアル課金が必要になってくる場面がくるかもしれません…><

ぼくは第1回目の配信ではiPhoneのバッテリーが、2回目では配信PCであるMacBook Airのバッテリーが配信中に切れてしまうという失態を犯しているので、バッテリーを購入しました(PCのバッテリーは配送待ち)。

あと外を歩くので、虫除けスプレー日焼け止めも買いました。蚊と紫外線が半端じゃない><

ちなみにぼくのレベルは現在2。まだ本当にやりたてホヤホヤです。配信に同行してくれている解説役のエンジニア・忍者さんはレベル6です。

青チーム 対 緑チームの陣取りゲーム!

話を戻して、「Ingress」とはどういうゲームかというと、一言でいうと青チーム 対 緑チームによる、多人数参加型陣取りゲームのようなものです。目的は世界各地に散らばる「Portal(ポータル)」と呼ばれる拠点を自分のチームのものにしまくる。

そして拠点と拠点、3つの拠点をつなげて、そのエリア内に住んでいる人たちを自分のチームの支配下に置いていきます。そうすることで、どんどん自分のチームのエリアを増やしていくことがこのゲームの目的です。

相手のチームのエリアを奪う、そして相手に自分のチームのエリアを奪われる。このゲーム性が陣取りゲームと呼ばれる所以ですね。

よくわからないと思うので、ここからは、ぼくが学んできた知識を踏まえて、なるべく簡単にざっくりとゲームの流れを説明していきたいと思います。
【次のページ】まずはGoogle+のアカウントが必要!
1
2
3

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Ingress」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 23

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
【レベルを上げる3つの方法】「Ingress」のニコ生ゲーム実況をやって学んだこと
連載
Ingressをゲーム実況してみた
全2記事

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ