ラッパーOZworld、プロeスポーツチーム「FENNEL」に加入

OZworldさんのFENNEL加入PV

沖縄を中心に活動するラッパー・OZworld(オズワルド)さんが、プロe-Sportsチーム・FENNEL(フェンネル)への加入を発表した。

FENNELはこれまでもアパレルブランド「FNNL」を立ち上げるなど、e-Sportsチームの枠に囚われない表現力を探求して活動してきた。

OZworldさんについてFENNELは、「チームの目指す『自由で独創的な表現』でシーンを魅了している」とコメント。今回の加入は、FENNELの「さらに幅広い活動、そしてヒップホップとの融合の第一歩」と説明した。

ゲーム好きで知られるラッパー・OZworld

OZworldさんは、沖縄出身で、独特の感性とトリッピーな世界観から飛び出すリリックと変幻自在のフロウを巧みに操るラッパー。

2018年にリリースしたシングル「畳〜Tatami〜」が話題を呼び、2019年に1stアルバム『OZWORLD』をリリースし全国デビュー。

ゲーム好きとしても知られ、同じく沖縄出身のラッパー・唾奇さんとリリースした、ゲーム『二ノ国』をモチーフとした楽曲「NINOKUNI feat. 唾奇」は、MVが1400万再生を突破している。
OZworld a.k.a. R'kuma - NINOKUNI feat. 唾奇 (Prod. Howlin' Bear)【OZ's Parallel World】
2020年にはレーベル兼マネジメント事務所「I'M HAPPY ENTERTAINMENT」を設立。

自身をキャラクター化したNFTアート作品の販売や、バーチャル領域での活動を行うためのプロジェクト「NiLLAND」を立ち上げるなど、ヒップホップの枠に囚われない活動を行っている。

オーナー・仏が率いるプロチーム「FENNEL」

FENNELは、2019年に設立されたプロe-Sportsチーム。

現在、9部門に約60名の選手が所属しており、『Apex Legends』部門や『荒野行動』部門を始め、数々の国内・国際大会で優勝。『VALORANT』の女子部門は、日本代表として東アジア大会への出場が決定している。

大会「FFL」の運営事業やアパレル事業も展開しており、横浜には日本最大規模のゲーミングベースを構えている。
RAGEの大型オフラインイベントにFENNELカメラが潜入!!
今回、ラッパー・OZworldさん加入の理由については、アーティストと観客が一体となってかっこよさを追求するヒップホップシーンの在り方が、FENNELが目指す「誰もが、好きな事を好きなように表現出来る社会」を体現していると言及。

そうしたヒップホップの要素を取り込みブランドとしての強さを追求していくと説明した。

ちなみにFENNELのオーナー・仏さんは以前、KAI-YOU PremiumでOZworldさんと対談。

ゲームやヒップホップに対しての偏見はまだまだ多いと、お互いのシーンには共通する課題があるとコメント。なぜコミュニティをつくる必要があるのかや「何を成し遂げる」など、今回の加入発表につながるトークを展開している。
1
2

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

ゲームの週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ