448

タイ最強のライブアイドルが、日本で追いかける夢 Siam☆Dreamインタビュー

タイ最強のライブアイドルが、日本で追いかける夢 Siam☆Dreamインタビュー

Siam☆Dream。左からFannyさん、Misakaさん、Iceさん、Musicさん、Matildaさん、Mihoさん

微笑みの国・タイ。そんなタイアイドル界きってのライブパフォーマンスと人気を誇るSiam☆Dream(サイアムドリーム)が、3年ぶりに来日しました。

日本人メンバーの卒業をポジティブに乗り越え、初となる日本での主催ライブを開催。さらに8月6日には、世界最大のアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」(TIF2022)に、海外のアイドルとしては快挙となる2度目の出場を果たしました。

今回は「TIF2022」出演を直前に控えたメンバー ──Fanny(ファンニー)さん、Misaka(ミサカ)さん、Ice(アイス)さん、Music(ミュージック)さん、Matilda(マーティルダー)さん、Mihoさん──にインタビューを実施。

3年ぶり2度目の来日に興奮した様子の中で、日本の印象や大舞台への意気込み、さらにはその際にある夢・目標を聞きました。

目次

新体制となった南国タイ発アイドル・Siam☆Dream

タイのアイドル界に新しい風を吹かせたSiam☆Dreamのデビューは2018年。

以前にも日本人を親族に持つアイドルはいましたが、出身もアイドルの経験も文化も日本にルーツを持つアイドルと、現地タイ人混合でのグループが結成されることは珍しいものでした。

現地ポップカルチャー界隈では、アイドルだけではなく、ヲタ芸やミックスなど日本のアイドルファンの応援法も受け入れられていたこともあり、タイと日本のハイブリッドアイドル・Siam☆Dreamは瞬く間にその名を知られることとなりました。 前回のインタビュー時に加入した2期メンバー・Iceさん、Matildaさんに加え、以降、3期メンバーとして韓国で厳しいレッスンを重ね他のアイドルグループでセンターをつとめていたFannyさんが加入。

2020年に4期メンバーとしてMusicさん、Misakaさん、Mihoさんの3人が加わり、6人の新体制となり日本へと帰ってきました。

進化していくSiam☆Dreamのアイドル像

デビュー時は可愛くて明るくポップな日本のアイドル風のいわゆるKawaiiテイストな衣装や楽曲が多かったSiam☆Dream。

当時は日本人とタイ人の混合ユニットでしたが、現在は全員タイ人メンバーで構成され、楽曲や衣装のテイストもデビュー時と比べ変化しています。
メンバーのFannyさんが振り付けを担当した「With You」
Matilda メンバーも全員タイ人になり、曲のジャンルもコレオグラフィーも衣装も、全体的にタイ人の好みに合うように変わりました。ダンスの先生もタイ人に変わっています。

Fanny ダンスは力強くかっこよく、楽曲はタイ人にうけるロックなスタイルに変わりましたね。でもSiam☆Dreamの根本は変わらないです。

日本の邦ロックがジャンルとして流行を問わず人気であるのと同様に、タイでも国産のロックミュージックが、世代を問わず一般的なポップミュージックとして広く人気を博しています。

私が3期生として加入した時は、まだ日本人メンバーも在籍していたので、いなくなってしまった時は不安でしたね。Siam☆Dreamは日本人とタイ人メンバーがいるアイドルグループというのが大きな特徴だったし、入ったばかりだったのにいろいろ変わっていくし……。

でも「タイと日本の架け橋になる」という、両国を盛り上げていこう!っていうコンセプトは残っていますし、日本アイドル式のライブの盛り上がり方も受け継がれています。
1
2
3
4

こんな記事も読まれています

82
364
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ