193

谷崎潤一郎が住んでいた家が売り出し中 そうだ、京都で暮らそう

谷崎潤一郎が住んでいた家が売り出し中 そうだ、京都で暮らそう

谷崎潤一郎さんが暮らした京町家/画像はすべてSUUMOより

POPなポイントを3行で

  • 文豪・谷崎潤一郎が生前暮らしていた京町家が販売中
  • 京都府京都市上京区で値段は8000万円
  • 和の雰囲気が残されたまま綺麗な状態
文豪・谷崎潤一郎さんが生前暮らしていた京町家が、不動産・住宅サイト「SUUMO」で売り出されている。

場所は京都御所の北、賀茂川の西と、京都の名所に囲まれた京都府京都市上京区鶴山町寺町通。気になる値段は8000万円となっている。

世界的な文豪・谷崎潤一郎

『谷崎潤一郎: 没後五十年、文学の奇蹟』/画像はAmazonから

明治末期から昭和中期まで活躍した小説家・谷崎潤一郎さん。『刺青』や『細雪』などの代表作で知られおり、ノーベル文学賞候補者にもなった世界的な文豪だ。

実は生涯40回以上もの転居を繰り返しており、今回の家はそのうち1946年(昭和21年)5月から11月までの半年間だけ住んでいた家だ。この京町家の2階を間借りし、家族らとともに暮らしていたそうだ。

彼が暮らしていた戦後間もなくから、今日まで家屋が健在なのも驚きだが、京都を感じられる和の雰囲気が残されたまま、綺麗な状態で残されている。 最寄駅の地下鉄鞍馬口駅から徒歩9分、京都駅まで乗換えなしで行け、京都府外への移動も良好の立地だ。

文豪・谷崎潤一郎が住んでいた家で、京都の歴史や文化を感じる暮らしはいかがだろうか。

そうだ京都で暮らそう

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

40
151
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ