55

『シン・エヴァ』3DCGセミナー カラーが解説する “画コンテに縛られない制作”

『シン・エヴァ』3DCGセミナー カラーが解説する “画コンテに縛られない制作”

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

POPなポイントを3行で

  • 『シン・エヴァ』3DCG制作セミナー開催
  • カラーの“画コンテに縛られない制作方法”とは?
  • アニメーターがメイキング未公開カットも解説
庵野秀明さんが総監督をつとめ全国で上映中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。

その3DCGメイキングを、制作したアニメスタジオ・カラーのクリエイターが解説するセミナーが、7月9日(金)16時よりオンラインライブ配信で開催される。

Autodesk社の「3ds Max」を活用したCGメイキングのほか、本作で挑戦した内容や現場でのエピソードなど、ここでしか聞けない内容が盛りだくさんだ。

受講料は無料であり、登録の締め切りは7月7日(水)18時まで。定員は1000名(申込者多数の場合は抽選)。

『シン・エヴァ』で行われた“画コンテに縛られない制作”

3月に放送されたNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀〜庵野秀明スペシャル〜』でも紹介されていたように、本作では新たなアニメーションの制作方法を採用しており、“画コンテに縛られない制作”が行われた。

まず、モーションキャプチャーを使った簡易なCGを用いてプリヴィズを作成、それをもとにアングルを考える。さらに、CGモデルをつくり直してキャラクターのアニメーションを検証し、最終的にキャラクター作画に差し替えるといった作業だ。

その裏には、「(画コンテからはじめると)自分が考えてる以上のものは出てこない」「自分のイメージどおりにつくったって、面白いことは何もない」という庵野秀明総監督のこだわりがある。

カラーのアニメーションディレクターが解説

本セミナーは、Autodesk製品を中核とするデジタルでのアニメ制作ワークフローを紹介するイベントの第22弾。今回は、カラーデジタル部が3DCGを使い、どのようなアプローチで作品づくりを進めたのかを中心に解説する。

エヴァンゲリオン」の新劇場版シリーズ完結作として、興行収入90億円を突破した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を生んだ画コンテに縛られない制作方法とはどのようなものか?

また、カラーの公式Twitterアカウントやサブアカウント「カラー 2号機」、公式アプリ「EVA-EXTRA」でも公開されているメイキングムービーをより詳しく紹介。

講師にはアニメーションディレクター(CGI作画監督)の松井祐亮さんと、CGIアニメーター・岩里昌則さんを迎え、メイキング動画未公開のカットについても当時のデータと共に、裏話を交えながら解説する。

©︎カラー

エヴァンゲリオンが残したもの

こんな記事も読まれています

セミナー情報

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』メイキングセミナー

講師
松井祐亮:株式会社カラー アニメーションディレクター(CGI作画監督)
岩里昌則:株式会社カラー CGIアニメーター
主催
株式会社Too
協賛
オートデスク株式会社
日程
2021年7月9日(金) 16:00 - 17:30
受講料
無料(事前登録制)
開催形式
オンライン形式(ウェビナー)
締切
2021年7月7日(水)18:00予定
定員
1000名 

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ