51

連載 | #81 渋谷万歳

渋谷の街中華「兆楽」を“着て“何食べる? もちろんルースーチャーハンでしょ

渋谷の街中華「兆楽」を“着て“何食べる? もちろんルースーチャーハンでしょ

兆楽 x JOURNAL STANDARD

POPなポイントを3行で

  • 渋谷「兆楽」とJOURNAL STANDARDがコラボ
  • 創業60年以上、渋谷のシンボル的な街中華
  • 食欲をそそるTシャツやキャップなどを展開
どんな街でも、あるとついつい利用してしまう街中華。豊富なメニュー、早くて、安くて、とんでもなくボリューミー。

渋谷であれば、街のシンボルとも言える「兆楽」。渋谷に来た人なら、黄色地に赤のフォントというインパクトある看板を、一度は目にしたことがあるはず。

渋谷ヒカリエ、渋谷ストリーム、渋谷スクランブルスクエア──再開発で様変わりする街・渋谷の中で、常に存在感を放つ「兆楽」と、JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)がコラボレーション。

象徴的な「兆楽」ロゴや、一番人気のメニュー「ルースーチャーハン」を落とし込んだアイテムの受注販売が、2月5日からスタートした。

【画像】食欲をそそる「兆楽」コラボアイテム

渋谷のシンボル的な街中華を、着る

創業60年以上、渋谷駅から井ノ頭通りを通って東急ハンズを目指す道すがら、二股に分かれる場所に立つ宇田川交番の後ろにある中華料理屋「兆楽」。

ほぼすべての定食が1000円弱というリーズナブルな価格なのにボリューム満点。昼夜問わず、渋谷で働く人、遊ぶ人の胃袋を満たし続けてきた。

長袖:4500円、半袖:3500円、CAP:4500円、エコバッグ:3500円/価格はすべて税別

JOURNAL STANDARDとのコラボレーションでは、キャップ、Tシャツ、ロンT、エコバッグを展開。「兆楽」の人気料理を次々にほおぼるモデルのビジュアルが……正直食欲をそそる。

それがファッションアイテムに対する正しい反応なのかはわからないけど、特設サイトにあるJOURNAL STANDARD担当者のコメントを見ると、あながち間違ってないんじゃないかと。

「あまりファッションに寄りすぎないように、注意しました。今回は、この雰囲気の中で、ずっと変わらずに普通に美味しいものを提供し続ける「兆楽」とのコラボレーションなので、あまりデザインを効かせすぎない方が、正しいやり方なんじゃないかと。兆楽のお客さまが着てくれても、変に浮かないようにすると言いますか。でも、漢字を使ったデザインもいまはこなれている時代なので、どんな人でも着れるデザインになっていると思います」 兆楽 x JOURNAL STANDARD 特集ページより

コロナ渦で苦戦を強いられている飲食業界。今回のコラボの売り上げの一部は「兆楽」に還元される。

着てお店に入っても違和感のないよう、むしろ食欲が湧くように(?)意識されたデザイン。さらっと袖を通していつもの街中華で胃袋を満たしに行こう。 【おかわりする?】食欲をそそる「兆楽」コラボアイテム

食べるのも着るのも、大事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

15
Share
3
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

この店の調理人、日本人も外国人もノーマスクで盛大にくっ喋りながらオープンキッチン内で仕事してて唖然とした
勿論仕込みの時間帯も同様

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ