16

『呪術廻戦』『ゆるキャン△』『ザ・ボーイズ』 アマプラ2020年人気作品を一挙発表

『呪術廻戦』『ゆるキャン△』『ザ・ボーイズ』 アマプラ2020年人気作品を一挙発表

画像は「Amazon Prime Video」トップページのキャプチャ

POPなポイントを3行で

  • Amazon Prime Videoで2020年最も人気だった作品を発表
  • 『ザ・ボーイズ』『呪術廻戦』『BURN THE WITCH』などなど
  • ドラマ、バラエティなどジャンル別にTV番組と映画を集計し反映
Amazon Prime Videoで2019年11月1日から2020年10月30日の期間に配信が始まり、配信後に最も見られた映画とTV番組の5作品が、ジャンル別に発表されました。

ジャンル別に『キングダム』『ザ・ボーイズ』『呪術廻戦』『BURN THE WITCH』『ゆるキャン△』『ドキュメンタル』『ジョン・ウィック』『コンフィデンスマンJP』などが名を連ねています。

なお以下で名前が挙がっている作品は、上記の期間内に配信が開始、かつ日本におけるプライム会員特典の見放題作品のなかで、配信開始日からの一定期間に最も多く視聴された映画とTV番組です。

画像中の表記は順位を表すものではなく、Amazonが50音順に構成したものとなります。

ジャンル別の映画部門からご紹介

アクション映画で2020年最も視聴されたのは、『キングダム』『ジョン・ウィック』『ジョン・ウィック:チャプター2』『スーサイド・スクワッド』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の5作品。

日本映画で唯一選出された『キングダム』は、同名の大ヒット漫画を原作にした中国春秋戦国時代を舞台にした実写作品です。

主演の山崎賢人さん、吉沢亮さん、長澤まさみさん、橋本環奈さんらが出演し、天下の大将軍を目指す少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政の救国物語を壮大なスケールで描きました。
映画『キングダム』特報
コメディー映画は『イエスタデイ』『記憶にございません』『コンフィデンスマンJP ロマンス編』『翔んで埼玉』『マイ・インターン』の5作品。

原作のぶっ飛び具合を見事に再現し、第43回日本アカデミー賞で最多12部門で優秀賞となった『翔んで埼玉』の存在感が光ります。
映画『翔んで埼玉』予告編
ドラマ映画は『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『劇場』『検察側の罪人』『七つの会議』『マスカレード・ホテル』の5作品に。

「半沢直樹」シリーズを手がける池井戸潤さんの原作小説をもとに、主演を野村萬斎さん、その脇を香川照之さん、北大路欣也さんら豪華俳優陣が固めた群像ドラマ『七つの会議』は、年末に腰を据えてじっくり視聴するのがおすすめです。
「七つの会議」予告
アニメ映画5作品は『BURN THE WITCH』『映画 すみっコぐらし飛び出す絵本とひみつのコ』『ドラゴンボール超 ブロリー』『プロメア』『ペット2』

劇場公開と同時に編集版が世界配信された『BURN THE WITCH』は、原作者・久保帯人さんの新作にして、代表作『BLEACH』との関連性も示唆されている注目作品です。
『BURN THE WITCH』本PV

ここからはTV番組部門を紹介

TVアニメ部門は『Re:ゼロから始める異世界生活』『炎炎ノ消防隊』『呪術廻戦』『ハイキュー!! TO THE TOP』『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の5つが選出。

初アニメ化の話題作と注目作品の続編が勢揃いといった感があり、納得のラインナップです。

特に『呪術廻戦』は『週刊少年ジャンプ』で連載中の原作と合わせて、右肩上がりに知名度を伸ばしています。
TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットOPムービー
TVバラエティーは『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』『相席食堂』『千鳥のニッポンハッピーチャンネル』『バチェロレッテ・ジャパン』の5つ。

松本人志さんがプロデュースしたAmazon Originalの『ドキュメンタル』『FREEZE』の両作品を筆頭に、お笑い芸人たちの面目躍如といったところでしょうか。
『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』シーズン2
国内TVドラマは『湘南純愛組!』『誰かが、見ている』『東京ラブストーリー』『東京ラブストーリー(1991年版)』『ゆるキャン△』が選出。

香取慎吾さんと三谷幸喜さんのおなじみコンビによるシットコム『誰かが、見ている』と、人気ヤンキー漫画の実写版『湘南純愛組!』のAmazon Original作品2つが特に好調だったそうです。
『誰かが、見ている』本予告編
『湘南純愛組』予告編
海外TVドラマは以上『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』『ザ・ボーイズ』『スタートレック:ピカード』『ハンナ ~殺人兵器になった少女』『キム秘書は、いったい、なぜ?』の5作品。

『キム秘書は、いったい、なぜ?』以外はすべてAmazon Originalの作品になっています。

特に『ザ・ボーイズ』は、Amazon Prime Videoで配信されたオリジナルドラマ史上最高の視聴回数を記録しており、シーズン2の配信を前にシーズン3の制作が決定した経緯もあって、国内外で注目されています。
The Boys - Official Trailer | Prime Video
以上が、2020年にAmazon Prime Videoで最も人気だった作品の一覧です。

ちなみにサービスの仕様上、オリジナル作品以外はいつまで配信されるかわからないので、気になる作品があれば早めの視聴をおすすめします。

Netflixの2020年人気作はこんな感じ

今、そしてこれから話題になりそうなコンテンツ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ