28

高橋李依&上田麗奈が親友役! loundrawが描く夢追う2人の青春物語

loundrawインタビュー 2人の少女に託した思いとは?

loundrawさん

──本作品に込めた思いを教えてください。

loundraw 生きる形は様々です。表舞台で輝く人もいれば、それを支える人もいる。エステティシャンという職業も、一見すれば地味な仕事なのかもしれません。

ですがそこには、誰かに安らぎを与えるという尊い使命があります。仕事に限らず、人は時に自らを過小評価してしまいます。ですが実は、誰にも気づかれないような小さなことの積み重ねこそが、世界を回し、変えているのです。

どんな人生も、自分の選択に誇りを持って生きてほしい。そんな願いを、少女二人の物語に託しました。

──注目してほしいシーンや、こだわったポイントを教えてください。

loundraw 物語に登場する二人の、あらゆる意味での距離の描き方にこだわりました。シーンごとに光と色の設計を細かく決めており、関係性や心境がセリフ以外の空気感から伝わるようにしています。

注目していただきたいのは、舞台裏以降のシーンです。後半には、前半と同じ風景がいくつか出てきますが、演出を大きく変えているため、シーンが持つ雰囲気が別のものになっています。

同じ景色も、心象で描き方を変える、アニメーションだからこそできる表現をお楽しみください。

FLAT STUDIO

──実際に、エステティックサロンで施術を受ける取材をされたということですが、作品づくりに影響はありましたか?

loundraw 大学当時、進路にはとても悩みました。イラストレーター、アーティストという、何も確実なものがない領域を目指す手前、本当にこの仕事をしたいのか、やり切る覚悟があるのかを自らに問うのに、ずいぶん時間がかかりました。

在学中に何度か就活もしましたが、社会や会社との対話の中で、自分の存在意義についてすごく思い悩んだ時期もありました。ですが、今となってはそれも、成長する過程で必要な時間だったのだなと感じています。

──夢に向かって頑張る方々へ、メッセージをお願いします。

loundraw 夢は、自分がその価値を決めるものです。人に笑われるような夢であったとしても、それが自分にとって何より大切な選択なのであれば、諦めないでください。

反対に、たとえ誰かに羨ましがられるような場所に立ったとしても、自分の心が満たされないのだとしたら、きっとそこには何もありません。

誰になんと言われたかではなく、自分で自分を認めてあげることこそが、夢を叶えるための何より大きな一歩目なのだと思います。

自分の中にある正しさを信じて、そして、いつかその正しさを世界に示してください。応援しています。

推さずにはいられない!

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

25
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ