91

POPなポイントを3行で

  • ポン・ジュノ監督の最新作『パラサイト 半地下の家族』
  • アカデミー賞6部門(作品賞、監督賞、脚本賞など)にノミネート
  • アジア圏の監督が監督賞にノミネートされるのは史上2人目
韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙

『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督。パルムドールを受賞したカンヌ国際映画祭で

ポン・ジュノ監督の最新作『パラサイト 半地下の家族』が、第92回アカデミー賞で6部門(作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞、国際長編映画賞)にノミネートされた。

アジア圏の監督がアカデミー賞監督賞にノミネートされるのは、『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リー監督以来史上2人目。

そんなポン・ジュノ監督は、KAI-YOUのインタビューに対して、インスピレーションの源、クライマックスシーンに込めた意図、作中の重要なモチーフとなる“人のにおい”について語っている。

世界各国で激賞される『パラサイト 半地下の家族』

『パラサイト 半地下の家族』 『パラサイト 半地下の家族』は、全員失業中と貧しいキム一家とIT企業を経営する裕福なパク一家、相反する2つの家族の出会いが思わぬ展開をもたらす物語。

貧富の格差、学歴社会、雇用問題など、いま世界が直面している問題への痛烈な批判を内包しつつ、一級のエンターテインメントに仕立て上げられている。
『パラサイト 半地下の家族』90秒予告
またすでに120以上の賞を獲得。特に第72回カンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドールと、第77回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を受賞し大きな脚光を浴びている。

そんななか、第92回アカデミー賞の6部門(作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞、国際長編映画賞)にノミネート。

米国が製作に関わっていない、純粋なアジア圏発の映画としてアカデミー賞作品賞にノミネートされるのは、今回が初めての快挙となる。
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
  • 韓国映画の傑作『パラサイト』 アカデミー賞6部門ノミネートの快挙
本編の画面カットを見る (c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

なにはともあれ観ておこう

こんな記事も読まれています

作品情報

パラサイト 半地下の家族

出演 ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン
チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン 
監督 ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』)
撮影 ホン・ギョンピョ
音楽 チョン・ジェイル 
提供 バップ、ビターズ・エンド、テレビ東京
巖本金属、クオラス、朝日新聞社、Filmarks
配給 ビターズ・エンド 

【あらすじ】
しがない内職で日々を繋ぐ貧しいキム一家。彼らは、窓を開ければ目の前に地面、日の光もほとんど入らず、水圧が低いために家の一番高い位置にトイレが鎮座する“半地下”の家での生活から抜け出せずにいる。そんな生活は、豪邸に住む裕福なパク社長一家との出会いで、果たしてどのように変化していくのか——。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「ポン・ジュノ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ