49

カルロス・ゴーン脱出劇をパロったゲームに思わず笑い、考えさせられる

POPなポイントを3行で

  • カルロス・ゴーン脱出劇をパロった『Ghone is gone』
  • 完全に確信犯的犯行も「このゲームはフィクションです」
  • お金で敵を買収し脱出を目指す
カルロス・ゴーン脱出劇をパロったゲームに思わず笑い、考えさせられる

『Ghone is gone』/画像はすべてゲームのダウンロードページから

  • 7 images

PCゲームなどの配信・管理を行うプラットフォーム・Steamから、1月23日(水)にリリース予定のゲーム『Ghone is gone』(発売日は記事執筆時点)。

開発したのはWasabiSushiStudio。タイトルからすでにピンとくる人も多いかもしれない。

本作は、2019年末にレバノンへ逃亡したカルロス・ゴーンさんの脱出劇を明らかにパロディー化したゲームとあって、リリース前から大きな注目を集めている。

カルロス・ゴーンと日産自動車の対立は泥沼状態

カルロス・ゴーンさんは2018年11月に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、2019年12月29日にレバノンへ逃亡。

日産自動車の前会長であった彼は、2020年1月8日にレバノンの首都ベイルートで記者会見を開き、会見場に集まった世界中のメディアに向けて声明を発表。

日本の司法や日産自動車の関係者を批判。これに対して日産自動車側も反論するなど事態は紛糾している。 そんななか、日本からの脱出劇においてどのような方法をとったのか情報が錯綜しており、一説には楽器ケースのなかに身を隠し飛行機に搭乗したとされている。

確信犯の犯行、パロディーゲーム『Ghone is gone』

そんな脱出劇をパロディー化したゲーム『Ghone is gone』。

ストーリーはルソー・ニッソン・ビシビシ企業連合の元CEOであるロスカル・ゴンが、24時間監視されるなかわずかな隙をついて迫りくる敵から逃れ、楽器箱に身を隠しながら西関空港を目指し、ノンレバ国への脱出を図るというもの。 ゲームスタート時に所持できる2600億円の札束を迫りくる相手に投げつけて(買収して)無力化し、また楽器ケースに隠れることで敵から見えなくなる仕様になっている。

なお、お金をすべて失えばゲームオーバーとなる。

カルロス・ゴーンの声明を受け日本の司法制度を批判する声も

お察しの通り、完全にカルロス・ゴーン脱出劇をモチーフにしたゲームなのだが、概要欄では「このゲームはフィクションです。実在の人物・団体・国家・施設とは無関係である」と説明されている。

しかし言わずもがな、完全に確信犯である

だが、国際問題にすら発展しかねない状況下をあざ笑うこのアイデアに、思わず笑ってしまった人も多いのではないのだろうか。

カルロス・ゴーンさんの逃亡には批判の声が上がっているが、この一件を受けて日本の司法制度を批判する言説も登場している。
日本の悪しき伝統「人質司法」について解説します
あくまでもパロディーとはいえ、元ネタが明確な『Ghone is gone』。

個人の倫理によってゲーム制作への評価は分かれるだろうが、問題について改めて考えるきっかけになるという意味では、評価してもいいのではないだろうか。


『Ghone is gone』のプレイ画面を見てみる

世の中の矛盾を笑え

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「カルロス・ゴーン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 12

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

匿名のユーザー

匿名のユーザー

確信犯という言葉を改めて勉強して覚えて欲しい

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ