33

POPなポイントを3行で

  • 『富嶽三十六景』の立体造形
  • 乗船員や作品のタイトルも細かく再現
  • 細かい制作過程に脱帽

最新ニュースを受け取る

葛飾北斎『富嶽三十六景』が立体化! 「北斎もビックリ」

Jadeさんの『富嶽三十六景』/画像はJadeさん提供

葛飾北斎の名画『富嶽三十六景』。

全46図からなる著名な名所木版画集で、特に「神奈川沖浪裏」は、今にも船を飲み込んでしまうそうな白波が印象的な、浮世絵を代表する一作です。
葛飾北斎『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』

葛飾北斎『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』/画像はWikipedia

その名画が、なんとレジンで立体に。よく目を凝らすと乗船員まで細かく再現されていて、迫力も倍増。

Twitterに投稿された画像には「北斎もビックリ!」「かっこいい!」とコメントが相次ぎ2万を超えるリツイート、7万を超える「いいね」を獲得しています。
Jadeさんの立体造形をもっとみる

細かい制作過程に脱帽

Jadeさんの『富嶽三十六景』 本作は普段からレジンで海洋生物などの作品を手がけているJade(@jad_ko)さんが制作したもの。

平面の絵を立体的に捉えた作品はどの角度から覗いても違和感がなく、作品の左上には作品のタイトルまで完全に再現されています。 Twitterでは制作過程も公開されており、その作業工程の細かさがより伝わってきます…。 Jadeさんの『富嶽三十六景』 Jadeさんの『富嶽三十六景』 この作品は11月16日、17日に開催されたアートイベント「デザインフェスタ」でも展示されていました。

なお、Jadeさんは以前も、「東映作品のオープニング」を立体化して話題を集めていました。 そのほかの作品は11月30日(土)、12月1日(日)に開催される生き物をテーマにした作品が集結するイベント「いきもにあ 2019」でも見ることができます(外部リンク)。

ちなみに今回紹介した『富嶽三十六景』は生き物ではないため、そちらでは展示されないためご注意ください。

思わず見とれてしまう造形

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「葛飾北斎」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 14

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ