1460

POPなポイントを3行で

  • EVIL LINE RECORDS主催のレーベルフェスが終幕
  • サ上とロ吉、The Dirty Dawg、清竜人ら豪華10組出演
  • ニコ生とMTVそれぞれの特別番組放送も決定

最新ニュースを受け取る

「ヒプマイ」が壊す次元の隔たり EVIL LINE RECORDSフェスレポート

「EVIL LINE RECORDS 5th Anniversary FES."EVIL A LIVE" 2019」

EVIL LINE RECORDS(イーブルラインレコード)主催のライブイベント「EVIL LINE RECORDS 5th Anniversary FES."EVIL A LIVE" 2019」が7月15日にパシフィコ横浜・国立大ホールで開催された。

このフェスは、キングレコード内のレーベル・EVIL LINE RECORDSの設立5周年を祝して開催された。当日は所属アーティスト10組が出演し、来場した多くのファンがそのパフォーマンスに熱狂した。

【写真80枚超】熱気伝わるライブをすべて見る 写真提供:キングレコード

次元の隔たりぶち壊す「ヒプマイ」が生んだ熱狂

「EVIL A LIVE 2019」The Dirty Dawg 01 所属するアーティストからも「ニッチなレーベル」(ドレスコーズ・志磨遼平さん)と呼ばれるほど、個性的なアーティストが揃うEVIL LINE RECORDS。

当日はそれぞれにファンからの歓声が上がったが、ひときわ大きな悲鳴にも似た声が会場全体を包んだのが、木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんによるThe Dirty Dawg(ダーティ ドッグ)の4人だろう。 「EVIL A LIVE 2019」The Dirty Dawg 02 男性声優12人によるキャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」に登場する各ユニットのリーダー4人によるThe Dirty Dawgは、チームとして初のパフォーマンスの舞台が今回「EVIL A LIVE」となった。

オープニングのサイプレス上野とロベルト吉野月蝕會議とのコラボ楽曲から会場の熱気を急速に押し上げると、次の出番ではその名前が呼ばれた瞬間に観客の絶叫が会場を包み込む。 「EVIL A LIVE 2019」The Dirty Dawg 03 音楽が聞こえなくなるほどの歓声に負けじと、ステージに現れた4人は迫力のあるラップを披露。「T.D.D LEGEND」「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- Special Medley」を歌い上げた。

コラボ楽曲で木村昴さんが「もうない次元の隔たり」と歌ったように、プロジェクト始動から2年にも満たない中で会場全体を沸かす姿からは、アニメファンやゲームファン、さらにはヒップホップ・ラップのファンといった境界を超越する「ヒプノシスマイク」の底力を改めて感じさせた。

予断かもしれないが、同じくコラボ曲で、作中でヨコハマを拠点とするMAD TRIGGER CREW・碧棺左馬刻演じる浅沼さんが「腹からもっと声出せヨコハマ!」と吠えた瞬間、フェスの成功を確信したのは筆者だけではないのではないだろうか。 続いては「EVIL A LIVE」全体について順を追ってレポートしていきたい。

開演前から熱気十分のフェスティバル

開演前の物販スペースにはバンド・どついたるねんが登場。グッズを買い求める来場客でごった返す会場ロビーに設けられた特設ステージでフリーライブを2回敢行。クセになる楽曲を激しいパフォーマンスで披露した。

本編の始まりには、フェスの開幕を告げるオープニング映像が上映され、サイプレス上野とロベルト吉野月蝕會議The Dirty Dawg(from「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」)の3組が登場した。

すぐさま会場は総立ちになり、大歓声を浴びる中で、今回の目玉企画であるこのフェスのために制作されたコラボ楽曲「The Three Musketeers Mic Relay」を披露すると、早くも会場のボルテージは最高潮に。 「EVIL A LIVE 2019」サ上&TDD&月蝕 03 オーディエンスの熱が一気に高まったところで、メンバー全員が作詞・作曲・編曲家であり、アーティストでもある音楽クリエイターギルド・月蝕會議が「死んでよダーリン」、「行方知レズ」を立て続けに演奏。彼らのキラーチューンとなるナンバーでインパクトを残した。
「EVIL A LIVE 2019」 月蝕會議 03
サイプレス上野とロベルト吉野は、挨拶代わりの「INTRO」を皮切りに、息の合ったラップソング「ぶっかます」、「ヒップホップ体操第二」を熱唱。「Yokohama La La La」では客席のファンによって携帯電話の光が灯されるシーンもあり、フロア全体を輝かせ、一体感を高めた。
「EVIL A LIVE 2019」サイプレス上野とロベルト吉野 01
続いて登場したのは、高野麻里佳さん、高橋李依さん、長久友紀さんの3人からなる声優ユニット・イヤホンズ。それまでの雰囲気とは打って変わり、会場内は3色のサイリウムの海と化した。

23種の楽器によるオーケストレーションと、同じセクションの繰り返しが無い前代未聞の歌劇「新次元航路」を届けたあとは、声優ならではの演技力を活かした「あたしのなかのものがたり」を披露。ハイクオリティなボイスを会場に響かせ、オーディエンスを魅了した。 「EVIL A LIVE 2019」イヤホンズ 01 そして続くはシンガーソングライターの清竜人さん。哀愁漂うメロディーが印象的な「抱きしめたって、近過ぎて」に始まり、「平成の男」、「痛いよ」といったピアノ伴奏で魅せるバラードソングを歌い上げる。心に染みる美しい歌声に、オーディエンスは酔いしれた。 「EVIL A LIVE 2019」 清竜人 01 ここでイヤホンズの3人と内藤るなさん、高井千帆さん、平瀬美里さんが竜人さんの元へ駆け寄ると、イヤホンズ・高橋李依さんの「私たちの気持ち、受け止めてください」という合図と共に、フェス限定の新録コラボ楽曲である"清竜人"流ハーレムソング「竜人くんが大好きです♡」をキュートにパフォーマンス。客席からはたくさんのコールが飛んでいた。 「EVIL A LIVE 2019」 清 竜人&イヤホンズ&内藤・高井・平瀬 04 余韻に浸っている間も無く、突如アタック映像に「内藤るな・高井千帆・平瀬美里・青山菜花・白浜あや」の名前が投影されると、白を基調とした新衣装を纏った5人が現れる。エモーショルなロックナンバーの新曲「星の降る街」を熱唱し、グループ名を"B.O.L.T(ボルト)"として今後活動を行なっていくことが発表された。 「EVIL A LIVE 2019」B.O.L.T 10
1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ヒプノシスマイク」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1438

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ